青春時代 

サンタの画像


若干、昨日の続きです

 コチサ
「じゃぁ、お父さんは誰のファンだったの? 


 お父さん
ワシは誰のファンにもなった事はない (´・ω・`)」


 コチサ
「もしかして、ご当地出身の歌手「笠置シヅ子」さん? 


 お父さん
「ワシはそんなに古くない!」


 コチサ
「えー違うの?
せっかくyoutubeで『東京ブギウギ』を練習したのに 


 お母さん
「お父さんは、日野てる子さんが好きやったで ヽ(*´∀`)ノ」


 コチサ
ハワイアン歌手だね 


 お父さん
「日野てる子さんが好きやったわけやない。
あの頃は日本中が『ハワイ』というもんに憧れた時代やったんや。
夢のハワイ』と言って、高度経済成長のゴールのように輝いておったわ (^O^)」





 昨日の鶴田浩二さんといい、今日の日野てる子さんといい、お父さんとお母さんにも青春時代があり、バラ色の夢や憧れがあったことがわかります 





 お父さん
「鶴田浩二さんの世界が『バラ色』かはわからんがな (´∀`)」


 お母さん
「鶴田浩二さんの世界観は、あれはあれでええんよ (*゚▽゚*)」


 コチサ
「全ての年代の全ての人に「青春時代」があるのは、当たり前のことなのに忘れてしまいがちだよね。
コチサは、特養ホームで出会うお年寄りみんなに青春時代のお話を聞いてみたいよ。
そしてその青春時代を思い出してもらって、元気になってもらえるようなお芝居をプレゼントしていきたいな 


 お母さん
「そんなことより、ワタシらにハワイ旅行をプレゼントした方が気持ちがええんとちゃう?」


 コチサ
なんで 


 お父さん
「ワシらの青春時代は、お前が生まれたことによってわったんや 《゚Д゚》」


 コチサ
そんなぁ


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する