傷だらけの人生 

冬の空の画像


 お母さん
「お父さんがな、新しい包丁を買ってくれたんやけど、どうしてもいやつの方を使っちゃうんよ (´・ω・`)」


 コチサ
「古いのが使えるのに、しい包丁を欲しがったのはお母さんなんでしょ? 


 お母さん
「古いやつを使っている人間ほど、新しいものをしがるもんやで (´・ω・`)」


 コチサ
「わが家の畑で取れた新鮮な野菜は、新しいな包丁でスパッと切りたいもんね 


 お母さん
「生まれた土地は荒れ放題やねん ヽ(;▽;)ノ」


 コチサ
「そんな事ないでしょ。
お父さんが毎日手入れをしているから、益田家の畑はいつもイキイキとしているよ 


 お母さん
「まったく今の世の中、右も左も真っ暗闇やで (つд⊂)」


 コチサ
「それでは歌っていただきましょう。
鶴田浩二さんで『傷だらけの人生』です 


 お母さん
か~らまで、真っ暗闇よぉ~、す~じぃ~の通らぁぬ、ことばかぁり~ヽ(*´∀`)ノ





 母と子は時々こうして電話でびます 


 息子(コチサには弟)の名前に付けちゃうくらい鶴田浩二さんの大ファンだったお母さんは、お父さんとケンカでもすると、こうしてストレスを発散します 


 コチサはそれに付き合うために、鶴田浩二さん「傷だらけの人生」は冒頭のセリフを含めてフルコーラス歌えます 


 ちなみに団塊の世代以外の方は、今日のネタは全くわからなかったことと思います 


 ご興味を持たれた若者は、
鶴田浩二 傷だらけの人生
で検索して映像を見て下さい 





 お父さん
「ワシの方が人生真っ暗闇じゃ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する