喉元過ぎれば 

朝ご飯の画像


 お母さん
「お前この頃、ご飯食べてないやろ?」


 コチサ
「なんで? 


 お母さん
「『米送れ』いう連絡がめっきり減ったからな (´・ω・`)」





 お父さんとお母さんは文句を言いながらも、コチサにお米を送る間隔を記録する事で、娘の食生活を管理していてくれたようです 





 お母さん
「米を炊くんが面倒になったんやと思ってな。
代わりに『簡単讃岐うどん』を一か月分送っておいたわ ヽ(´▽`)/」


 コチサ
「・・・」





 そして届いたのが、30パックもの讃岐うどん 


 加えて全然簡単じゃない…


 おの方がさっとといて、炊飯器のスイッチを入れるだけだから全然簡単 





 コチサ
ありがとう、うどん届いたよ 


 お母さん
面倒くさい思うとるやろ?」


 コチサ
「なんでわかるの? 


 お母さん
「お前はどうしても料理を習慣にすることが出来へんのや。
やろうと思ってもせいぜい一か月が関の山やろ ・゜・(ノД`)・゜・」


 コチサ
「まさにその通りでございます 


 お母さん
「だからこの一か月はうどん作りに手間をかけなさい。
きた頃、またお米を送ったるわ ヽ(*´∀`)ノ」





 食生活は大事です 


 それはコチサもわかっています 


 でも、どうしても習慣に出来ません 


 思い立って自炊をはじめても、せいぜい数か月でまた元の木阿弥です 


 じゃぁどうしたらいいんだろう 


 コチサは、そんな自分に呆れて諦めました 


 でも、お父さんとお母さんは諦めません 


 新しいアイデアを考え、何とか健康的な食生活を送らせようとしてくれています 





 お母さん
「お父さんがな、『たとえバカ娘でも、産んでしまったもんは仕方ない。健康で過ごさせるのがの務めや』言うてな。
お前の体の事を心配してるんや (o^^o)」





 コチサの中でいつかのお父さんの言葉がります 





 お父さん
「親より先に逝くいう親不孝だけはしたらあかん 





 コチサにとっては遙か昔になってしまった病歴 


 でもお父さんやお母さんにとっては、今もつい昨日のことのように心配しているのでしょう 





 コチサ
「お母さん、心配かけてごめんね。
また自炊を頑張るよ 





 熱いお湯を飲んだ本人は「喉元過ぎれば熱さを忘れる」けれど、それを周りで見ていた人間たちは、その熱さを想像するしか出来ないから絶対にれないんだ 


讃岐うどんの画像




コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する