中規模改修工事 

案山子の画像


 お母さん
「お父さんがな、ちょっと腰を痛めてな 

 コチサ
「なんで? 大丈夫なの? 



 弟が転勤で東京生活を始めて半年が過ぎ、我が実家の二世帯住宅も意味を成さなくなってしまいました 

 お父さん
家も部屋も使わんと腐ってしまう 

と、お父さんは、独自で中規模改修工事を始めたようです 


 そして・・・

 このありさま・・・ 



 コチサ
「なんで業者さんに頼まなかったの?」

 お母さん
「この程度ならワシでも出来る、って言うてな (^_^;)」

 コチサ
「全く、身の程知らずなことを・・・誰でも出来たら、業者さんいらないでしょ

 お母さん
「そう言わんと、一番ショックなんはお父さん自身なんやから・・・今、お父さんに代わるからな^_^;」



 幼き日のある光景を思い出しました 

 寝室で、お母さんがお父さんの腰に湿布を貼っている姿です 

 お母さん
「まったく、あんたは無理ばっかりして。いくら子どもでも、あれだけ抱き上げて振り回しよったら、
ほんまに腰を痛めてしまうって(-"-)」

 お父さん
「そやけどな。サチコがワシを「お父さんはスーパーマン」と言うんや。
だから、やめられんでな 



 なんで、お父さんはコチサが「スーパーマン」と言ったら、腰が痛いのを我慢して、
何回も何回も、抱き上げて振り回して遊んでくれたんだろ?

 その時は、そんな疑問が湧き上がっただけでしたが・・・



 お父さん
「おぉサチコか、また母さんが大げさな事を言うたんやろ。父さんはなんともないぞ 

 コチサ
「知ってるよ。お父さんが家の改修工事くらいで怪我するわけないじゃん。
お父さんはスーパーマンだもん 

 お父さん
「お前、何言うとるんや? なんでお父さんがスーパーマンなんや? 

 コチサ
「いいからいいから、お父さんはスーパーマンなんだよ。
でもスーパーマンも歳は取るから、あんまり無理はしちゃいけないんだよ 

 お父さん
・・・

 コチサ
・・・



 もしかして、この一瞬、お父さんもコチサも、
コチサを抱き上げて振り回したあの日の同じ光景を見てた? 

コメント:

やっぱり、コチサさんの故郷話は、なんとも穏やかな優しい気持ちになれますよね。

明日の農協の会合に、出て来られるかな?

Re: タイトルなし

> やっぱり、コチサさんの故郷話は、なんとも穏やかな優しい気持ちになれますよね。

へへへっ。
コチサのお父さんはスーパーマンなんだ(^_^)v

Re: タイトルなし

> 明日の農協の会合に、出て来られるかな?

で、スーパーマンは参加したのかしら・・・(-_-;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する