ナレ録り 

マイクの画像


 久しぶりに録音スタジオに入りました 


 最近はお芝居をメインに活動させていただいていますので、密室に缶詰状態の状況は緊張します 





 コチサ
「前はこの狭い空間が、自分だけの世界のようで心地良かったのに…


 ディレクターさん
「それではお願いします、スタート ヽ(´▽`)/





 録音作業は順調に進む…はずでした 





 ディレクターさん
「なんか節回しが芝居口調なんですけど (´・ω・`)」


 コチサ
「ですよね。
コチサも気づいていました 


 ディレクターさん
「役者コチサではなく、ナレーターコチサでお願いします (^O^)」





ところが、なかなかこの台詞回しからけられません 





 ディレクターさん
「なんか昔のドリフターズのコントを見ているようです (;▽;)」


 コチサ
「あっ、それコチサも知っています。
現代劇に時代劇の芝居の役者さんが出て来て、台詞回しが妙に大時代的で、なかなか進行しないってやつですよね。
監督役がいかりやさんで、役者役が志村けんさんか加藤茶さんだったんですよね 


 ディレクターさん
「コチサさん、楽しんでわざとやってません?」


 コチサ
「そんなめっそうもない。
ただただ調子がめないだけでぇ~ござぁ~ぅ~


 ディレクターさん
「…/(-_-)\」





 やっぱり「」の仕事は奥が深い 


 いつでもどんな仕事でも臨機応変に対応できるように、常に練習は欠かしてはいけません 





 コチサ
「ということで、慣れるためにも来週も仕事下さい 


 ディレクターさん
ござぁ~ぅ~ヽ(*´∀`)ノ


 コチサ
「…


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する