空の彼方に 

煙突の画像


 煙突から吐き出される煙が、どこまでも真っ直ぐに高く高く昇っていきます 





 おばあちゃん
はっくしょん、風の無い日は煙が直接登って来るから鼻が痒くて仕方ないわい 


 コチサ
「ねぇおばあちゃん、煙にはさ、ゴミを焼いた煙もあるし、お骨にするために焼いた『魂の煙』もあるでしょう。
天国に上った煙はどうやって見分けるの? 


 おばあちゃん
「『魂の煙』は天国に上って来る頃には煙ではなくなっているんや。
神々しいオーロラのような姿になっているんや。
だから見分ける必要なんてないんや ☆彡」


 コチサ
「じゃぁ煙で鼻が痒くてくしゃみをするのは? 


 おばあちゃん
「もちろん、ゴミなんかを焼いた煙やで (n‘∀‘)η」


 コチサ
環境汚染が天国まで広がっているの? 


 おばあちゃん
「そんな事はない。
天国は美しいところやからな。
ゴミの煙でさえ、すぐにキレイな空気に代わる。
お前のオナラも臭いのは一瞬だけで、天国まで上って来る頃にはええ香りになってるで (o ̄∇ ̄o)♪」


 コチサ
「コチサ、オナラなんてしないもん 


 おばあちゃん
「でも、このばあちゃんにはお前のオナラの匂いはすぐわかる。
それが家族言うもんや。
天国で暮らしていても家族言うのはそういうもんや ヽ(*´∀`)ノ」


 コチサ
「コチサ、オナラなんてしないもん。
絶対しないもん 





 ぷぅ~


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する