ケチャップ 

ケチャップの画像


 東京に来て、ん十年


 たくさんの種類のパスタを食べましたが、トマトソースは甘さを抑えたケチャップのことだと思っていました 





 おじいちゃんは昔の男性なので、おばあちゃんやお母さんの前では台所には絶対に入らなかったのですが、時々コチサに『ケチャップライス』を作ってくれました 


 その甘くて美味しかったこと…


 でもその味はコチサとおじいちゃんの秘密です 





 お母さんが、ケチャップたっぷりの「ナポリタン」という料理を覚えたのは、おじいちゃんが亡くなってから10年ほど経ったころでしょうか 


 その頃はコチサも学生服を着る歳になっていました 





 学生コチサ
「わーかしい味 


 お母さん
「お前、これはナポリタン言うんやで。
はじめてつくった味やからかしい味な訳ないやろ (´・ω・`)」





 おじいちゃんの『ケチャップライス』は、コチサとおじいちゃんだけの秘密です 





 学生コチサ
「そうだね。
でもなんかそんながしたんだよ 


 お母さん
「・・・」





 東京のトマトソースのパスタは、お母さんの「ナポリタン」とも、おじいちゃんの「ケチャップライス」とも、どこかが違いました 


 コチサは、うどんの味が香川と東京で違うように、ケチャップの味が違うのも当たり前のことだと思っていました 


 最近「昔ながらのナポリタン」をウリにする店が出来たおかげで、いろんな疑問が解けた上に、懐かしい味に舌鼓が打てるようになりました 


 舌もまた、記憶と思い出に満ちています 


コメント:

舌の記憶

こちさ様
 寅は、お袋の味の甘酒を見つけました。
神社やコンビニで売っている甘ったるいモノではなく、
米と麹だけで時間をかけて作った無加糖の甘酒で、
ほんのりと優しい甘さです。製造者は徳島県の
かねこみそ株式会社でした。

Re: 舌の記憶

> こちさ様
>  寅は、お袋の味の甘酒を見つけました。
> 神社やコンビニで売っている甘ったるいモノではなく、
> 米と麹だけで時間をかけて作った無加糖の甘酒で、
> ほんのりと優しい甘さです。製造者は徳島県の
> かねこみそ株式会社でした。

寅さんへ
「かねこみそ」・・・
なんだか懐かしい響き。。。
コチサ実家には白味噌があったような気が。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する