初物七十五日 

餅つきの画像


 久しぶりの朝寝坊をしていると、移動車両からスピーカーで流れる案内 


本日10時より、二丁目の○○公園で餅つき大会が開催されます。
餅つき希望の方は10前までに、試食をご希望の方は11時までにお集まりください






 コチサ
「えー、もう餅つき
まだ10月なのに…





 早速着替えて〇〇公園にぶコチサ 





 ボランティアのおばちゃん
「『あんこ』と『きな粉』と『おろし』があるよ (^O^)」


 コチサ
ひとつずつ下さい 


 ボランティアのおばちゃん
「みんなそう言うよ、はい三点セット ヽ(´▽`)/」


 コチサ
「ありがとうございます。
このごは一生忘れません 


 ボランティアのおばちゃん
「私はただのボランティアだよ (*゚▽゚*)」





 10月の最終日曜日に「つきたて餅」を食べるコチサ 


 これも「初物」というのでしょうか? 





 おばあちゃん
「初物を食べると七十五日長生きするんやで ┌(┌^o^)┐」


 小学コチサ
「じゃぁ、二か月に一回食べていたら死なないじゃん 


 おばあちゃん
「そうやで、季節を感じて季節のなものを食べていれば死なないんや \(^o^)/」


 小学コチサ
「でも人間は死んじゃうよ、なんで? 


 おばあちゃん
「なんでやろな?
いつの間にか初物を食べなくなるんかな (゜д゜)」


 小学コチサ
「変なの、初物なんてここにいればたくさんあるのに…





 ボランティアのおばちゃん
「どうしたの?
目を白黒して…お餅が喉につかえた?」


 コチサ
「いえ、ちょっとを思い出したので…


 ボランティアのおばちゃん
「お餅、お代わりする?」


 コチサ
「もうたくさんいただきました。
美味しかったです。
おかげで七十五日長生きできました 


 ボランティアのおばちゃん
「3つ食べたから、225日だよ ヽ(*´∀`)ノ」





 みなさん、季節の息吹を感じて、体が求める旬なものを口にして健康に過ごしましょう 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する