おはなしピエロ公演-「エンジェル山のかぐわし草」 

201410お誕生日会1
「今日は【エンジェル山のかぐわし草】というお話しでーす♪」


 10月のおはなしピエロ公演です 


 先ずは、あらすじから…





 5歳のシュウタは、庭で鳥のように空を飛ぶ練習をしています。
 しかし、なかなか飛べません。
 そんなシュウタをあざ笑うかのように、空から鳥のフンがシュウタの頭に…
 「こらぁ~
 怒って鳥を追いかけるシュウタ…


 あっ、べた…


 そして、仲良くなった鳥(バドワイ)と一緒に空の世界の旅をするシュウタ。
 シュウタには行きたいところがありました。
 空の彼方にある「エンジェル山」です。
 それを言うと、バドワイが慌てます。


 「エンジェル山は、空の世界のものしかしらない秘密の山だ。
 その秘密を知っているだけで、魔王ラゲルタに食べられてしまうぞ。
 二度とその話をしてはダメだよ」


 しかし、その会話を魔王ラゲルタに聞かれてしまいました。
 ラゲルタに食べられそうになるシュウタ。
 それでも「どうしてもエンジェル山に行きたい」と言うシュウタ。


 理由を聞くと、病気のおばあちゃんを助けたいと祈っていたら、天使バティスタが現れて
 「エンジェル山のかぐわし草』を食べさせればくなる
 と教えてくれたと告白します。


 天使バティスタと仲の悪い魔王ラゲルタは、ますます怒って、絶対にエンジェル山には行かせないと暴れます。
 そのスキをついて、バドワイがエンジェル山に向かい『かぐわし草』を口にくわえて戻って来ますが、ラゲルタに見つかり炎にかれてしまいます。
 ラゲルタは怒った勢いで「エンジェル山」までやしてしまいました。


 傷ついたシュウタは、ラゲルタに歯向かい、胸を叩きます。
 そして、
 「悪魔にも心臓があるじゃないか。
 ドキドキしてたぞ。
 きっと悪い事をしているのを知っているからドキドキしたんだ。
 おばあちゃん言ってたぞ。
 本当に悪い奴なんてこの世にいないんだって。
 人が痛がったり苦しんだりする姿を見ると、心臓がドキドキする。
 それは、可哀想に思う心があるからだって。
 魔王だからって悪い奴って決まっているわけじゃないんだ。
 みんなえばいいんだ。
 誰でも笑えばしい心になれるんだから。
 ボクは泣いているけど
…」
 そう言って、空の世界から立ち去ります。


 残された魔王は、自分の鬼のような顔を鏡で見ながら、笑う練習をしてみます。
 しかし、下手くそな笑い顔です。

 家に戻ったシュウタは、おばあちゃんが元気になった事を聞かされます。
 どうして?
 おばあちゃんは、
 「魔王がに出て来てね。
 その魔王が、無理して顔をひきつらせて笑いかけるの。
 そして葉っぱを差し出して食べろと言うのよ。
 ワタシは怖くてね。
 だって相手は悪魔でしょ。
 でもその悪魔が無理やり笑って手を合わせて食べて下さいって頼むからべたの。
 そしたら、ほらこの通り、ぴんぴんになったわ。
 やっぱり世の中に本当に悪い人なんていなんだねぇ



 ラゲルタがおばあちゃんを治してくれた事に気づいたシュウタは、庭に出て空を見上げます。
 すると、また頭に鳥のフンが…
 鳥のバドワイでした。
 ラゲルタはバドワイも生き返らせてくれたようです。
 きっと「エンゼル山」ももとに戻してくれたことでしょう。






201410お誕生日会2
「空を飛ぶ練習をするシュウタ♪」

201410お誕生日会3
「お花のクッションで遊ぶシュウタ♪」

201410お誕生日会4
「ボク、エンジェル山に行きたいんだ byシュウタ」

201410お誕生日会5
「ダメだ、そこは危険だ by鳥のバドワイ」

201410お誕生日会6
「バドワイを探す魔王ラゲルタ」

201410お誕生日会8
「バドワイのやつめ、ファイヤー<`ヘ´>・・・by魔王ラゲルタ」

201410お誕生日会7
「魔王ラゲルタに焼かれてしまったバドワイ」

201410お誕生日会11
「悪魔にも心臓があるじゃないか・・・byシュウタ」

201410お誕生日会9
「夢に悪魔が出てきて、葉っぱを食べろと言うのよ~ byおばあちゃん」

201410お誕生日会10
「ほらこの通り、元気ピンピンよ~♪ byおばあちゃん」





 今回はナレーション無しの、全編セリフのみのお芝居としました 


 テンポや切り替わりが早かったけれど、園児たちはしっかりおはなしを理解して付いて来てくれました 


 毎年10月の公演は「保護者同伴」です 


 コチサも緊張しますが、園児たちも緊張からか、いつもよりおとなしめでお行儀が良くなります 


 最後に温かい拍手をいただいて、子どもたちの思い思いの感想を聞きながら、気持ちの良い秋を感じさせてもらった一日となりました 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する