結婚しようよ 

ペンキ缶の画像


 春の話題が続きますが、今日も引き続き・・・  



 幼いコチサは、あんまり頭の切れる子どもではなく、森羅万象深く考えずにそのまま吸収してしまうところがあったので、聞き間違えや思い込みなどたくさんありました (*^^)v

 歌の歌詞の誤解釈なんてその典型で、数え上げたらキリがありません 



 話し変わって、吉田拓郎さんの作る歌の歌詞は、とくにステキで大好きです 
 歌に絵が重なって浮かんできます 

 「♪もうすぐ春がぁ~
 ♪ペンキを肩にぃ~
 ♪お花畑の中を散歩に来るよ~」


 この「結婚しようよ」の歌詞もちょっとカッコいいです 



 ところで、コチサ幼少当時の田舎は、どこもまだ和式トイレが全盛 

 町の工務店の資材置き場には、まだ使用前の白い和式トイレが無造作に置かれていて、子どもたちの遊び場にもなっていました 

 ある日、ノリツグがその白い和式便器を持ち上げ、穴の部分にを通して、いわゆるキンカクシ(あらやだコチサったら(/_;))の部分をに掛け、

「♪もうすぐ春がぁ~
ベンキを肩にぃ~
♪お花畑の中を散歩に来るよ~」


と歌っていたものだから、もうコチサにはその光景が何の違和感もなくて、吉田拓郎さんもそうやって、右肩にギター左肩にキンカクシを担いで花畑を歩く光景が、当たり前のように自然に解け込んでしまったのです(#^.^#)/

 歌詞の部分の「ベンキ」が「ペンキ」だとわかった後も、ペンキ缶をいくつも抱えてお花畑を歩く姿より、キンカクシを颯爽と肩に掛けて歩く方が、なんか絵的にも素晴らしく思えていました 



 コチサ
吉田拓郎さんって、都会的で時代のメッセージを訴求しているけど、そのくせ和式便器を愛用する庶民的な人だ(*^^)v

 コチサが吉田拓郎さんのファンになったのは、ノリツグの貢献も多々あります 


コメント:

あれ両肩に抱えると、アメリカンフットボールの選手みたいな気分になったよね。

でも、資材置き場の和式便器は使用前のものじゃないよ。廃棄品だよ。

Re: タイトルなし

> あれ両肩に抱えると、アメリカンフットボールの選手みたいな気分になったよね。
> でも、資材置き場の和式便器は使用前のものじゃないよ。廃棄品だよ。

りょ、両肩に(ーー;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する