亭主関白が陥落する日 

和風料理の画像


 先日は、お母さんの誕生日でした 


 朝から何度も電話したのに留守で、翌日ようやくがりました 


 おさんが出ました 





 お父さん
「子どもたちの中で、昨日連絡してこなかったのはお前だけや (p_-)」


 コチサ
「何度も電話したけど留守だったんだよ 


 お父さん
「浩二も園子もメールで『おめでとう』を言ってきたで (^_^;)」


 コチサ
「お母さんは携帯電話を持ってないでしょ 


 お父さん
ワシの携帯に連絡すればええ (ー_ー)!!」


 コチサ
「お父さんの誕生日じゃないじゃん 


 お父さん
「ワシが母さんに伝えるからええんじゃ <`ヘ´>」


 コチサ
「そんな妻を管理するような事を言ってたら、お母さんげるよ 


 お父さん
「そんな事があるわけない (ーー;)」


 コチサ
「熟年離婚って知らないの?
残された夫は悲惨らしいよ 


 お父さん
「そうなのか?」


 コチサ
「子どもたちも母親の味方するんだって 


 お父さん
「お前もそうなのか?」


 コチサ
「コチサはお父さんの味方だよ。
でもお母さんにも携帯を持たせて、自由にメールをさせてあげる広い心を持ったお父さんがきなんだ 


 お父さん
「ワシは昔から心は広いで (-"-)」


 コチサ
「それより『おめでとう』を言うからお母さんに代わってよ 





 お母さん
「昨日は留守にしとったんや。
お前も浩二や園子のようにメールで良かったのに (#^.^#)」


 コチサ
「来年からはそうするよ。
お母さんの携帯にね 


 お母さん
「えっ?
お前がプレゼントしてくれるんか?」


 コチサ
「まぁ、間接的にはそういうことになるかな 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する