敬老の日 

檜町公園の画像


 子どもというのは、いくつになってもわがままです 


 両親と同年代の人を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ぶのに、自分の両親が人からそう呼ばれることを受け入れたくはありません 


 不思議な感情です 


 「おじいちゃん」「おばあちゃん」という言葉は、大好きな言葉なのに…





 お母さん
「孫から「おばあちゃん」と呼ばれると嬉しいけど、病院で看護婦さんから『マスダさんのおばあちゃん』と言われると少し嫌やな。
まぁ相手も親しみを込めて言ってくれているのがわかるけん、そのうち慣れてくるやろうけどな (^^;」


 コチサ
「それでもコチサはだ! 


 お母さん
「ありがとさん。
その気持ちもわかるから嬉しいで (*‘∀‘)」


 お父さん
「だからといって、敬老の日の贈り物をチャラにしたらあかんで。
ワシらは敬老やからな 





 コチサはどうしてこう、最後はオチを付けないと気が済まないんだろ? 


 今日は真面目な話だったのに 



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する