東京駅 

スタバの画像


 同級生のオオシオシオオこと、オオシオユミコと突然の再会の続きです 





 コチサ
「ここがスターバックスだよ。
すごいでしょ 


 ユミコ
「・・・」


 コチサ
「まぁ遠慮せずに飲んで食べなよ 


 ユミコ
「なんかご馳走してもらっているような言い回しだね (^_^;)」


 コチサ
「ご馳走したい気持ちはやまやまだけどね、スターバックスは注文と会計がいっしょだからね 


 ユミコ
「だから後に注文した私が先に注文したコチサの分まで払うことになったんだね (ーー;)」


 コチサ
「東京ってなんか嫌だね、セチガラくて 


 ユミコ
「…(/_;)」





 コチサ
「で、またどうして東京に出て来たの?
辛く苦しい話だったら聞くよ 


 ユミコ
「私、東京に出てきたように見える?
大きな荷物も持ってないでしょ (-"-)」


 コチサ
「追われるように逃げてきたんだね。
い話だね 


 ユミコ
「ワタシ、東京で暮らしてるんだよ。
東京の人と結婚して以来ずーとだよ ^_^;」


 コチサ
「そだっけ?
東京駅で故郷の人間に会うと、どうしても先入観が先走って…


 ユミコ
「確かに。
ワタシも東京駅で田舎の同級生に会えばそう思っちゃうわよ (*^_^*)」


 コチサ
「結局、私たち田舎者だからね。
東京に住んでても、どこか東京にれていた気持ちが消えないんだよ 


 ユミコ
「田舎者にとって東京駅は、ドラえもんの「どこでもドア」なんだよね。
たぶん (*^^)v」


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する