働き者 

あぜ道の画像


 一昨日はお父さんの誕生日だったので、目覚めると同時に電話をしました 


 朝の6時半です 





 お父さん
「なんや?」


 コチサ
お誕生日おめでとう 


 お父さん
「そうか、今日はワシの誕生日か、ありがとう (^^)/」


 コチサ
「なんか周りがすごくうるさいんだけど 


 お父さん
「草刈しとるからな。
草刈り機の音や。
ワシもこの音で携帯の音が聞こえんやった (*'ω'*)」


 コチサ
「お父さん、もう田んぼに出てるの? 


 お父さん
「もうって今何時やと思うてるんや。
もうすぐ終わって帰るとこや ( `ー´)ノ」


 コチサ
「朝ご飯は? 


 お父さん
「とっくに食べとるわい。
これから帰ってコーヒータイムや (^O^)」


 コチサ
「お母さんの大好きなコーヒータイムだね。
今日のお菓子はケーキかもね 


 お父さん
「ワシはかりんとうの方がええ。
プレゼントはかりんとうにしてくれ (^^♪」


 コチサ
「この電話がプレゼントだよ 


 お父さん
「そんなことやろうと思ったで (/_;)」


 コチサ
「でも『かりんとうまんじゅう』は美味しいから今度送ってあげるね 


 お父さん
「無理せんでええ」


 コチサ
「発祥の地の美味しい『かりんとうまんじゅう』が届くと思うよ 


 お父さん
「お前まさか、また人さまの手をわせるんじゃないやろな "(-""-)"」


 コチサ
「そのまさかだよ 





 それにしても朝の6時半にすでにひと仕事終えているとは…


 『働き者の親には、怠けものの子どもが育つようです 





 お母さん
「それは長女だけやで (#^^#)


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する