湧き水 

井の頭公園の画像


 鞄の中にペットボトルか水筒が入っている生活が、日常風景になっています 





 コチサ
「昔は、どこにでも山腹から溢れる湧き水があった。
喉が渇けばそれを飲むのが当たり前だったのに 


 営業くん
「それは昔と今の違いでは無くて、田舎と東京の違いじゃないですか?」


 コチサ
「そうかなぁ? 





 で、電話してみました 





 コチサ
「歩いていて喉が乾いたら、今も山腹の湧き水飲んでるの? 


 お母さん
「飲まんで。
私はエビアン、お父さんはコントレックスやで (*^^)v」


 コチサ
「コチサは公園の水を水筒に補給してるのに? 


 お母さん
「身体には硬水がええらしいで。
お父さんは硬度が1500もあるコントレックスやけど、私はまだまだ硬度300のエビアンやな (#^.^#)」


 コチサ
「東京の水道水は10~100だよ。
おかげさまで石鹸の泡立ちも良いよ 





 それでもあの田舎の山道の山腹では、今も湧き水がこんこんと溢れ出ているのでしょう 


 まるで、誰も飲んでくれなくなった事を悲しむ山の涙のように…


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する