幼名は五郎吉 

鳥居の画像


 五右衛門風呂に入るたび、おじいちゃんは言いました 





 おじいちゃん
石川五右衛門が釜茹でにされたところから『五右衛門風呂』と言うんや (^^)/」





 だからコチサは、五右衛門風呂に入るたび、
上からがかぶせられるのでは?
足元の踏板が火で焼けるのでは?
と、それはそれは怖くて、あっという間に飛び出したものです 





 お母さん
「ちゃんと肩まで浸からんと風邪ひくで (-"-)」


 幼少コチサ
でられるよりは風邪ひいた方がええ 


 お父さん
「石川五右衛門も、悪い事をしなかったら茹でられることはなかったで (ー_ー)!!」


 幼少コチサ
「だからなんや 


 お父さん
語るに落ちたな 


 幼少コチサ
 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する