父の日 

アジサイの画像


 コチサ
父の日おめでとうございます。
コチサはお父さんの子どもに産まれて心から感謝しています。
これからもずーとずーと元気でいて下さい。
お父さんはコチサの誇りであり、郷土の誇り、果ては日本のりです
 


 お父さん
「全く、ようが動くもんやな (ーー;)」


 コチサ
「母の日は『プレゼントあり、電話あり』だけど、父の日は『プレゼントなし、電話だけ』だから、せめて言葉に力を入れているんだよ 


 お父さん
「そんな事やろうと思ってたわ。
反対にお前からプレゼントもろうたら、何かが起こりそうでワシの体が心配になるわ。
だからこれでええんや (^_^;)」





 そう、これでいいんです 


 そうやってずーと来たから、これからもこれでいいんです 


 これからもずーと何もわらずにいて欲しいから、これでいいんです 


 でもお父さんもわかっています 


 毎年同じ言葉だけど、それがだんだん棒読みの投げやりなセリフになっている事を…


 そして、なんでそうなるかも、お父さんはわかっています 


 ちゃんと言えば、コチサが泣き声になってしまう事を…


 年を重ねるごとに両親への思いはくなり、お互いにそれがわかっている事が恥ずかしくて、余計にそっけなくする 


 こういうことが「歳月が刻んだ絆」なんだと、娘はつくづく実感しています 


 長女は大人になりました 


 (ちなみに「みちづれ」で有名な歌手の牧村三枝子さんのデビュー曲は『少女は大人になりました』です (^^)/





 お母さん
「照れ隠しにそうやって必ず余計なひと言を付け加えるのも『讃岐もん』の悪い癖やな (*^_^*)」


 コチサ
まぁね 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する