みどりの日 

白い花とミツバチの画像


 みどりの日の前身である4月29日は、昭和の時代の「天皇誕生日」で、ゴールデンウィークの幕開けの象徴の日でもありました 


 それが平成になって「昭和の日」になり、今度は「みどりの日」になって日にちも5月4日に移動してしまいました 





 小学校の同級生に二人、4/29生まれの女の子がいました 


 自分の誕生日が「天皇陛下」と同じであること、そして「祝日」である事をとても自慢していました 


 当時コチサは羨ましく思っていたこともあり、祝日法改正により5/4に移動した2005年に、電話をしてみました 



実は4月29日は祝日ではなくなると、みんなで思っていたのです。





 コチサ
「今年から誕生日が祝日じゃなくて残念だね 


 ユリちゃん
「何言ってるの?
届け出れば4/29生まれの人は誕生日を5/4に変更出来るんだよ (^O^)」


 コチサ
「本当なの?
じゃぁサキちゃんも? 


 ユリちゃん
「うん、一緒にけ出て変更したんだ (#^.^#)」


 コチサ
「そんなことされるの? 


 ユリちゃん
「許されるよ (*^^)v」


 コチサ
「じゃぁコチサも12月21日生まれを、二日ずらして天皇誕生日の12月23日にして祝日にするよ 


 ユリちゃん
「それは出来ないよ。
法律的に星座が変わるのは許されないからね。
私たちは『おうし座』内での移動だから問題ないんだけど、コチサの場合は『いて座』から『やぎ座』への移動が伴うから無理だよ ヽ(^o^)丿」


 コチサ
「へー、法律ってやっかいだね 





 12星座にそこまでの拘束力がある事に驚いたコチサは、疑う事を忘れてすっかりされた記憶があります 


 明らかな嘘とわかっていても、有り得なさ過ぎる「隠し玉」の登場で返って騙されるというのだと実感しました 


 種がバカバカし過ぎる手品ほど「コロッ」とひっかかる人間の心理は、こういうものなのでしょう 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する