フロアバレーボール 

フロアバレーの画像1


 去年の国体で『グランドソフトボール東京代表チーム』のマネージャー登録されて以来、これまで知らなかった新しいスポーツを体験する事が多くなりました 
もちろん知らなかったのは、コチサの知識の薄さゆえなのですが…)


 そして今回は『フロアバレーボール』に行って来ました 


 ちなみにフロアバレーボールとは、以下のようなものです。

フロアバレーボールは全盲や弱視の視覚障害者と健常者が一緒にプレイできるように考案されている球技で、6人制バレーボール競技規則を参考にしています。(日本フロアバレーボール連盟HPより)』
(もっと競技詳細は知りたい方は、こちらのページに詳しく書かれています。日本フロアバレーボール連盟





 コチサ
「あれ、コチサの知っているバレーボールよりネットが低い 


 K代表選手
「バレーボールはネットの上をボールが飛び交いますが、フロアバレーはネットの下をボールが飛び交うんですよ (^^)」


 コチサ
に負担がかかりますね 


 K代表選手
「1試合80分ですから、試合後の疲労は腰だけではなく、全身にかなりきますよ (#^.^#)」


 コチサ
「あっ、ボールが胸に当たって、で止めちゃったよ 


 K代表選手
「前衛の選手は、弱視の人でもアイマスクやアイシェードをして完全に視界を遮っているので、ああやって音を頼りにボールを止めて、そこから一気に態勢を立て直して相手コートへボールを打ち返すんです (*^^)v」


 コチサ
ふーん 


 K代表選手
「後衛選手は視覚ありきの前提ですので、その範囲ではありません (^O^)」


 コチサ
ふーん 


 K代表選手
「コチサさん、早くも飽きてきましたか?」


 コチサ
「コチサはルール説明ってあんまり好きじゃないんだよ。
たくなるんだ 


 K代表選手
「でも、国体のグランドベースボールではマネージャーをされたんですよね ^_^;」


 コチサ
「でもルールはよくわからなかったよ 


 K代表選手
「それでマネージャーだったんですか?」


 コチサ
「うん。
みんなが楽しそうにスポーツしているのを応援するのがマネージャーだからね 


 K代表選手
「でもルールは?」


 コチサ
「選手たちが知っていれば大丈夫大丈夫 


 K代表選手
「コチサさん、フロアバレーやってみます?」


 コチサ
「うん、やって来る。
じゃぁねい 





 そしてルールを知らないコチサの加入で、試合は無茶苦茶になったとさ 


フロアバレーの画像2




コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する