ドン・ガバチョ 

青空の画像


 幼稚園の頃、「わが四国は「ひょっこりひょうたん島」のように動いているんだよ」と、近所の大人のおじさんに言われたことがありました。
 コチサにとっては、「ひょっこりひょうたん島」は、リアルタイムでは無かったので、その大人のおじさんの言うことをが何のことだかわからなかったのですが・・・



 大人のおじさん
 「
ほら、さっちゃんの幼稚園の先生がサンデー先生

北原の怖いおじちゃんがトラひげ

今年東京の大学に行った、大沢のところのユウトが博士だよ。

そして、アイツがドン・ガバチョなんだよ。

みんなこの島に住んでいるんだ。
 」



 もっとたくさん教えてくれたのですが、今も当時も物語を見たことがないので覚えていません。

 でもそんな中でも、「ドン・ガバチョ」という名前は、子ども心にすごいインパクトがあって、その名前のせいで、今もその大人のおじさんのこの話しを覚えているくらいです。

 「ドン・ガバチョ」・・・なんかお金儲けの上手なキャラって感じですが、調べてみると「ひょっこりひょうたん島」の初代大統領で演説の上手な人だそうです。



 実は当時、この大人のおじさんは、村では有名な「寄合長」の泡沫候補で、でも気の優しい誰からも好かれるおじさんでした 

 そしてこの大人のおじさんに「アイツ」呼ばわりされていたのは、その時の「寄合長」でした。

 きっと政敵の「寄合長」を「ドン・ガバチョ」に例えて、子ども相手にストレスを発散させていたのかもしれません 

 気が弱く朴訥で心の優しいおじさんの、精一杯の愚痴だったんだと思います 



 じゃぁ、この大人のおじさんは、自分を誰に例えていたんだろう?

 それを聞かなかったことが、当時のコチサの最大の不覚でした 

コメント:

エレクトーン発表会は、終わったんですか?
お疲れさまでした。
ひょっこりひょうたん島は、さすがに博識コチサさんでも、わからないようですね。

Re: タイトルなし

> エレクトーン発表会は、終わったんですか?
> お疲れさまでした。
> ひょっこりひょうたん島は、さすがに博識コチサさんでも、わからないようですね。

はいっ、発表会は無事終了しました♪
今回多かった曲目は、「江~姫たちの戦国~」。
まだコチサの頭の中で流れています(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する