春眠その2 

カフェの画像


 …とは言っても(昨日の続きですが…)、やはりこの時期の睡魔は強敵です 





 店員さん
「お客さま、大丈夫ですか?」


 コチサ
「ん?
あぁすみません、てしまったようです。
申し訳ありません。
帰ります 


 店員さん
「いえ、ごゆっくりされて構いません。
お店も空いていますし。
よろしかったらクッションをお持ちしますので、テーブルに頭を伏して休まれてはいかがでしょう?」


 コチサ
「それは、座ったまま上を向いて口を開けて、不細工な顔をして寝てしまった姿を見るに見かねての優しい助言と言う事でよろしいでしょうか? 


 店員さん
「皆さん疲れていらっしゃいますし、この時期はついウトウトとしがちです。
こちらクッションになります (#^.^#)」


 コチサ
「いえ、そろそろ約束の時間にもなりますし、おいとまします。
お心遣いありがとうございました 





 本当にこの時期の睡魔は強敵です 


 せめて机やテーブルに顔を伏せる時間くらいは与えて欲しいものです 


 突然、何の前触れもなくやってくると、人間の体の構造上、上を向いてを開けて眠る事になってしまいます 


 花粉症ではなくてもマスクは必須です 





 店員さん
「でもマスクをされていたら、珈琲は飲めませんよね (^_^;)」


 コチサ
ごもっとも 



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する