帰省物語7-オヤジ太鼓 

田舎道の画像


 お父さん
「病院、行って来るで 


 お父さんは、腰と肝臓が悪く、定期的に通院をしていました 


 コチサ
「コチサもく 


 お父さん
「お前は、来んでええ 





 いつもは、一緒に出かける事を喜んでくれるお父さんが、珍しく語気荒く拒否しました 





 コチサ
「コチサ、ガイドヘルパーしてるから、病院の付き添いはれているし、大丈夫だよ 





 娘としては、新しい仕事の一面も見せて、親に喜んでもらいたいといういもありました 


 しかし…


 コチサが、着替えをしてコートを羽織っている間に、お父さんの軽トラはさっさと発進して行ってしまいました 





 お母さん
「お父さんは、通院していることさえ、お前に知られるのはだったんよ ^_^;」


 コチサ
「・・・」


 お母さん
「あれでも、自分は、娘からは何でも出来るスーパーマンの父親だと思われていると思っていたいんや。
スーパーマンは、弱いところを見せたらあかんのや (#^.^#)」





 昭和の頑固オヤジなんて嫌いだ  


 家族の本当の気持ちなんかわからないんだ 


 でも、


 昭和の頑固オヤジの娘なんだから、その役目を全うするのも娘の務めだ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する