防風林 

防風林の画像


 家の前に広がる美しい景色が見えないからと、視界を遮る防風林を切り取ってしまう人はまずいません 


 でも、社会生活の中では似たような事をしているたちはたくさんいます 


 もういい大人なのに・・・





 和尚
「世の中には想像力に欠ける人がいるのですよ。
でもそういう人は、そうやって何度が風に飛ばされる経験をして理解していくのです (ー_ー)」


 コチサ
「コチサが心配してるのはそっちではありません。
防風林の方です。
防風林という役目も面白くないでしょうが、切り取られてしまってはもっと辛いのではないですか 


 和尚
「確かに…
でも防風林は、いずれその役目の大きさを知った人々から感謝されます (^^)」


 コチサ
感謝だけ? 


 和尚
「そう感謝だけです。
でも胸を晴れますよ。
世の中を歩いていくのなら胸を張って歩けるほうが良いですから (^O^)」

 
 コチサ
「今日のコチサは、和尚とは意見が合わない気がします 


 和尚
「では、退散しましょうか?」


 コチサ
「たぶん、もう少しを重ねたら理解できることはわかっていますが、今日のところはそうして下さい 


コメント:

ガイドヘルパーの友人が、親切にしてあげていた利用者さんと喫茶店に入り、ホットコーヒーを頼まれたのにアイスコーヒーを持っていったら、怒って顔にぶっかけられたそうです。
まさに防風林を切り倒す行為ですね。
ホットコーヒーでなくてよかった♪

Re: タイトルなし

> ガイドヘルパーの友人が、親切にしてあげていた利用者さんと喫茶店に入り、ホットコーヒーを頼まれたのにアイスコーヒーを持っていったら、怒って顔にぶっかけられたそうです。
> まさに防風林を切り倒す行為ですね。
> ホットコーヒーでなくてよかった♪

「ホットコーヒーでなくてよかった」と咄嗟に思えることが素晴らしいですね。
きっと、防風林も人為的に切り取られた時、「あぁ風に倒されたワケじゃなくて良かった」と思うのだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する