時をかける少女 

イルミネーションの画像


 コチサの横を並走している誰かがをかけてきます 





 誰か
「もっと早く走らなくちゃ (^^)」


 コチサ
「そんなこと言っても、こっちもペースというものがあるんだよ 


 誰か
「じゃぁ、置いていっちゃうよ (ー_ー)」


 コチサ
「どうぞご自由に。
ペースぐらい自分で決めてりたいよ 


 誰か
「ボクが先に行ったら、なかなか追いつかないよ (・.・;)」


 コチサ
「いいよ。
追いつく気もないし・・・ところで君は? 


 誰か
「ボク? ボクは『』。
そして今、キミと一緒に走っているのが『時の流れ』。
じゃぁねい。 お先に ヽ(^o^)丿」


 コチサ
「ちょ、ちょっと待ってよ。
そうと聞いたら先に行かす訳にはいかないよ。
歯を食いしばってでも時の流れに乗って走らなくちゃ 


 誰か
「そうでしょ。
一度、時の流れを手放したら、あとはどんどん引き離されるだけだからね。
今は苦しくても、頑張ってらなくてはね (*^^)v





 そしてコチサは『時をかけるコチサ』になりました 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する