深呼吸 

雪だるまの画像


 人身事故で止まってしまう電車に乗り合わせる回数が増えた気がします 


 停車して振動音の消えた車内では、隣の席の若い男性のヘッドホンから音漏れしていた曲がクリスマスソングであることがわかりました 


 前の席のカップルは、クリスマスカラーの大きな紙袋をお互い膝の上に抱えて、せそうに見つめ合っています 


 誰も好きで電車を止めようなどとは思うはずはありません。


 それでも、この時期にそうせざるを得なかった人の気持ちを思うといたたまれないものがあります 


 クリスマスソングやプレゼントが、生きる高揚感をかきたてないくらいの日々があったのでしょう 


 この世に産まれたからには、誰だって幸せになりたいし、幸せになる権利があります 


 電車が止まって不平を口にする人たちは、どこの誰かも知らないその人に対して、何も力になってあげられなかった現実に直面して、自らの無力に対しての失望を紛らわせているのです 


 そう、人はみんなしい心に満たされています 


 ちょっと深呼吸をして周りを見回せば、ほら、みんなあなたに手を差し伸べてくれる人たちばかりです 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する