襷の季節 

熱帯魚の画像


 毎年この時期に思う事ですが、日没時間の早まりと共に、夕方のジョギングが真っ暗になって不安になります 
冬前には慣れるのですが…


 暗い道は、自分自身も怖いですが、すれ違う人々や車のドライバーさんにもいものだと思います 





 コチサ
「太めの蛍光テープを下さい 


 店員さん
「はい、こちらになりますが (^^)」


 コチサ
「これを切って背中に『』の字型に貼りつけて、ジョギングしようと思います 


 店員さん
「それでしたらお客さま、こちらの『ミドリ安全 作業用蛍光ベスト』はいかがでしょうか?」


 コチサ
「その選択肢もあったのですが、ランニング中は蒸れるので、たとえベストとはいえ、風通しの良いものじゃないと使い勝手の問題が出てくるのです 


 店員さん
「そんなお客さまには、『安全チョッキ 反射タスキ』がございます。
これだと文字通り『』型なので、ランナーの皆さまにも負担にならないかと…いやむしろ、駅伝をされている方には、襷を付けて走る練習になって好都合かと思われますが (#^.^#)」


 コチサ
「やるもんだね『ミドリ安全』さん。
安全保護具業界最大手が、満を持してランニング界に殴り込みか 


 店員さん
「いや決してそのような考えはないと思いますよ。
むしろ今回は、お客さまの『駅伝出場』の事前告知に使われた被害者と言っても過言ではないかも知れません (^_^;)」


 コチサ
「じゃぁ、申し訳ないから『安全チョッキ 反射タスキ』を買うよ 


 店員さん
「毎度ありがとうございます。
安全チョッキ 反射タスキ 白 M』¥3,310-(税込)、お買い上げで~す \(^o^)/」


 コチサ
「ちょっと待って下さい。
『安全チョッキ 反射タスキ パープル XS』¥1,980-(税込)にしてください 


 店員さん
「あいにくそのようなものは用意しておりません。
百歩譲ってサイズ違い、色違いまで許せるとしましても、値段さえもお客さまのご都合で変えてしまわれるのはいかがなものかと (ーー;)」


 コチサ
「というわけで、ミドリ安全さんの『安全チョッキ 反射タスキ』をかけて、駅伝大会に出場です 


 店員さん
行ってらっしゃいませ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する