はとバスツアー 

はとバスツアーの画像1
「秋だ!山梨♪ なす・ピーマン狩りと野菜詰め放題に巨峰狩り(日帰り)ツアー」


 「秋だ!山梨♪ なす・ピーマン狩りと野菜詰め放題に巨峰狩り(日帰り)ツアー」に行って来ました 


 来月に、視覚障害の方々のバスツアーが予定されていて、コチサはその案内役(バスガイドさんもどきだね)をさせていただく事になっています 


 そこで前回、事前に下見をする予定でしたが、そのツアーが中止になったのは既報です(参照)。


 今回は、その来月のツアーに参加予定の盲人の女性と一緒に、再度の見学体験となりました 


 と言っても、お互い、遊ぶ気、食べる気まんまんですが…


 
 田舎のバスは~
 おんぼろバスだぁ~



 …と、子どもの頃、よく歌ったのは遠い昔のことになりました 


 「はとバス」さんの、豪華で最先端の設備満載のバスは、航空機並です 


 バスガイドさんも、すっかり今風の都会的な女性で、もう「りんごほっぺのバスガイドさん」なんていません 





 ガイドさん
「いつの時代のお話しをされているのでしょう?」


 コチサ
「もう遠い昔、ガイドさんが生まれるずーとずーとの話です 


 ガイドさん
「では、出発いたしま~す (^^)/」


 コチサ
「今日は『秋の狩りものツアー』です。
狩って狩って狩りまくりましょう! 


 ミツコさん
「コチサさん、楽しみ過ぎて、私のガイドを忘れないでね。
置いてきぼりなんて嫌ですよ (#^.^#)」


 コチサ
「もちろんです 





 さて、パンフレットによると、今日のお楽しみは次の七つです 


 (1)秋なす5本のお土産
 (2)ピーマン1袋のお土産
 (3)さらに野菜詰め放題のお土産
 (4)昼食は秋の味覚、松茸入り
 (5)巨峰のちょっぴりお土産
 (6)酒造で食べる蔵元吟醸ソフトクリームのおやつ
 (7)富士山の天然水(500mlペットボトル)プレゼント



 (5)の巨峰のちょっぴりお土産が、「ぶどう狩り、巨峰の食べ放題」の予定で来たコチサには、ちょっぴり不安材料です 


 それにしてもガイドさんは、揺れるバスの中、安定感があります 


 声もぶれませんし、身体もれません 





 コチサ
「トレーニングジムに通うより、体幹が鍛えられますよね 


 ガイドさん
「ただ、脚がどっしりしてきちゃいまして (^_^;)」


 コチサ
「それには、自重トレーニングもさることながら、ダンベルを使用しての『シーテッド・カーフレイズ』がお奨めです 


 ミツコさん
「コチサさん、油を売ってるうちに、狩りものツアーの第一弾に着いたようですよ (*^_^*)」





はとバスツアーの画像2
「道の駅・とよとみ♪」


 先ずは、道の駅にて野菜の詰め放題 


 ベテランさんは、上手に大量に詰め込みますが、コチサたちはうまく出来ません 


 そこそこに詰めて、いただいて帰ります。





 その後、農家のピーマンハウスに移動して『ピーマン狩り』です 


はとバスツアーの画像3
「ピーマン狩り♪」


 実際にハサミを手渡されて、狩り取ります 


 ひとり個までの制限つきです 


 まぁそうだよね、無尽蔵に取ったら大変ですから 





 そして、別の農家のナス園で、今度はナス狩りです 


はとバスツアーの画像4
「ナス狩り♪」

はとバスツアーの画像5
「ナスの花に喜ぶミツコさん♪」


 同じくハサミで、ひとり個までです 


 なるべく美味しそうなナスを見繕ってチョキンチョキンします 





 体力を使ったあとは、「笹の茶屋」でランチ 


はとバスツアーの画像6
「松茸入りランチ♪」






 秋の味覚松茸ランチを堪能した後、午後の「狩りもの」に出発です 


 お待ちかねの、ぶどう狩りです 


はとバスツアーの画像7
「ぶどう狩り♪」

はとバスツアーの画像8
「ミツコさんもハサミを入れます♪」


 やはりハサミで、大きな大きな巨峰をひと房切り取ります 


 この自分で切り取った巨峰は、その場でべます 


 甘くておいしいです。


 昼食後なので、『食後のデザート』にピッタリですし、心配していた量ですが、もう十分満腹になれます 


 ここの巨峰は、帰りにお土産として、もうひと房もらえます 


 家に帰ってからの一番のお楽しみになります 





 この時点で、かなりお腹はいっぱいなのですが、その後「笹一酒造」で、4種類のお酒の試飲があります 


 一昨日のトップページの写真で仮装をしているのが、この笹一酒造の名物案内人・志村ケン(本名)さんです 


はとバスツアーの画像9
「軽快なトークで笑わせる案内人・ケンちゃん♪」


 ケンちゃんの案内で酒蔵見学がスタートします 


 一昨日のブログは、話の内容が少し重かったので、このケンちゃんの明るいキャラクターを前倒しで使わせていただきました。


 残念ながら、コチサは下戸下戸下戸(ゲコゲコゲコ)と、蛙が鳴くくらいにアルコールが飲めないので、この試飲は見送りです 


 代わりに、つまみのハムを食べさせてもらいました 


 そして、口直しに甘~いアイスクリームの試食があって、最後に『富士山天然水』をもらって終了です 


はとバスツアーの画像10
「ハムの試食♪」



はとバスツアーの画像11
「蔵元吟醸ソフトクリーム♪」





 コチサ
「都内で狩りはなかなか出来ないので、狩りまくりは気持ちが良かったですね 


 ミツコさん
「でも『狩り』というよりは『刈り』よね (^_^;)」


 コチサ
「良いんです。
狩り』の方が野性味があって、ワイルドな感じがしますから 


 ミツコさん
「天気にも恵まれ、季節も良く、美味しい空気に美味しい食べ物。
満喫したわね ヽ(^o^)丿」


 コチサ
「まさに、素晴らしい一日となりました。
はやり名所旧跡観光ツアーより、食べ放題ツアーの方が充実感がある気がします 


 ミツコさん
「でも腹八分目が一番良いのよ。
あまりに満腹になりすぎると帰りのバスの中が大変よ。
それより来月のバスガイド役、よろしくね (*^_^*)」


 コチサ
「はい、今日は良い勉強になりました 





 コース多彩・サービス満載の「はとバスツアー」、一度は経験してみるのも良いものだと実感しました 


 解散場所に到着すると、真っ先にバスから降りて、参加者ひとりひとりに挨拶をしてくれるガイドさん 


 笑顔を絶やさず、上手な歌まで披露してくれたりと、大変な仕事だなと思いました 





 ガイドさん
「本日は、ありがとうございました (^O^)」


 コチサ
「『シーテッド・カーフレイズ』、お奨めだからね 


 ガイドさん
「はい、やってみます (*^^)v」





 またえるといいね 


はとバスツアーの画像12
「大満足の一日でした♪」



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する