待ち合わせ 

踏切の画像


 待ち合わせ時間にれることは、相手先にも迷惑がかかるし、時間厳守の予約などもある場合は、信用問題にも関わります 


 コチサは、このような事の無いように、

 ①約束と約束の間は、極力余裕を持って設定する
 ②約束は、始まり時間だけでなく終了時間も決めておく

の二点を厳守してきました 


 あぁそれなのに、、、


 A) ①の約束が、アクシデントでびてしまいました 


 B) 飛び乗った電車が、まってしまいました 


 C) ①の約束時のアクシデント対処の為にスマホで連絡を重ねたので、この時点でバッテリーが切れていました 





 隣の席の、人の良さそうなおじさんに、
すみませんが、お電話貸していただけないでしょうか?
と、お願いしようと思いましたが、貸してくれたとしてもコチサのスマホが電池切れなので、かけるべき電話番号さえわかりません 


 先頭車両に移ったコチサは、運転席を望む手すりを掴み、体ごと重心を前側に押し込む動作を繰り返しました 


 なんとなく、一ミリでも前に進む気がして、、、


 この動作を見て、周りの乗客の皆さんも協力してくれればありがたいのですが、そんな光景を見なかった事のように、コチサから目を背けるのは、やはり正しい判断をお持ちの方々だからでしょう 





 そして、、、


 やっと、駅に着きました 


 さぁ、後は、この日の為に培った自慢の『脹ら脛』、 腓腹筋とヒラメ筋の出番です 


 小雨煙る街中を、短い脚が高速回転で走ります 


 まさに究極の『ピッチ走法』 


 これなら、キロ3分台も行けるのでは?、という必死さです 


 さてさて、コチサは、約束に間に合うのでしょうか 


 そして、こんなにしてまでに合わせたかったものは 


 、、、続く 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する