食通への道 

コロッケの画像


 和尚
「どうしましたか?」


 コチサ
コロッケを食べて、上顎を火傷しました 


 和尚
「それは難儀なことでしょう (^_^;)」


 コチサ
「例えばこれを、アツアツのステーキとか、茹でたてのカニとかで火傷したことにすれば、コチサの食生活の充実ぶりをアピールできますかね? 


 和尚
「ふたつばかり問題があると思います。
先ずは、高級食材として真っ先に『ステーキ』と『カニ』を思い浮かべた事です。
その発想が、普段の食生活の貧困さを物語っています。
そしてふたつめは、少なくとも、一般的な店では『ステーキ』や『カニ』で火傷するような食べ方はしません。
実食していない悲しさがしのばれます (/_;)」


 コチサ
「カニを食べた後の『カニ雑炊』ならいかがでしょう? 


 和尚
「そんなに見栄を張って生きたいですか?」


 コチサ
「和尚なら、人間の性(さが)というものはご存知のはずです 


 和尚
「それよりも、火傷するくらいの作りたての『コロッケ』を食べたことの方が、『』っぽくて、食への造詣が深いイメージになりませんかね (#^.^#)」


 コチサ
「さすが、和尚。
おっしゃる通りでございます。
そのまま使わせてもらいます。
みなさん、コチサはコロッケを食べて上顎を火傷してしまいました 


 和尚
「スーパーの見切り品を電子レンジで温めすぎて火傷してしまったことは、ご愛嬌です (*^^)v」


 コチサ
そういうことです 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する