雨女コチサ、女神になる? 

体育館の画像


 来月の国体に向けての前哨戦とも位置付けられる、「第14回全日本グランドソフトボール選手権大会 」は、コチサがマネージャーとして所属する東京都チームが、二日間に渡る熱戦の末、なんと三位「銅メダル」という成績を残して帰ってきました 





 事務局担当者
「下馬評を覆しての三位、頑張りましたね。
来年のシード権こそ逃がしたとはいえ、奇跡の大活躍でした。
急遽マネージャーとしてコチサさんが抜擢されてから、神がかり的な強さですね (*^^)v」


 コチサ
それがね


 事務局担当者
「あれ? 歯切れが悪いですね。
勝利の女神なんですから、もっと大袈裟に喜んで下さいよ (^O^)」


 コチサ
それがね……


 事務局担当者
「コチサさんをマネージャーに推薦した私も、鼻高々ですよ (#^.^#)」


 コチサ
それがね………





 実は、「東京都チーム」は強豪と言われるポジションにはいません  


 来月の国体も「開催地域枠」での出場です 





 事務局担当者
「だからこそ、コチサさんが加入してからのこの奇跡の快進撃に、関係者が歓喜してるんですよ (^_^;)」


 コチサ
「担当者さんは、コチサたちが大会会場で宇都宮に遠征している時、をしていましたか 


 事務局担当者
「その二日間、こっちは台風でして。
全国的にも大きな被害が出て痛ましい限りでした (/_;)」


 コチサ
「宇都宮には台風が来なかったと思いますか? 


 事務局担当者
「…」





 全国の予選を勝ち抜いて集まった11チームによる二日間に渡る熱戦は、台風の為、両日とも中止になりました 





 事務局担当者
「でも、初日にベスト4に残ったと連絡がありました!」





 体育館に集まった選手たちは、両チーム10名ずつが、横並びで立ち、順番にを取るのです 


 札の裏には、×が書かれています 


 そして、○の数を集計し、審判員が「6対4、東京チーム、勝利!」と告げるのです 





 事務局担当者
「それって、もしかしてくじ引き?」


 コチサ
「はい、ユニフォームに着替えての息詰まる熱戦でした 





 東京チームは、初日にベスト4進出が決まり、翌日の準決勝・決勝(若しくは三位決定戦)に進むことが確定したのですが、それより下の順位決定戦に回されることが決まったチームたちは、翌日を待たずに地元へとっていきました 





 事務局担当者
「で、翌日も?」


 コチサ
台風でした 


 事務局担当者
「再び、くじ引き大会だったのですね (ーー;)」


 コチサ
「準決勝で敗れ、三位決定戦に勝利して、今に至ります 


 事務局担当者
「ま、まぁ、何にせよ、奇跡の銅メダルの獲得ですから、コチサさんが勝利の女神であることに違いはありませんよ (^_^;)」


 コチサ
「『勝利の女神』なんて美しい言葉を使わずに、はっきり『雨女』と呼んで下さい 





 過程より結果さ! 


 さぁ、この銅メダルという結果の勢いで、国体ではグランドで勝利の雄たけびを上げるぞ! 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する