二年に一度の 

雑貨の画像


 二年に一度の、家の更新の時期がやってきました 


 ここ数日、不動産屋のおじさんの前を駆け足で走り過ぎていたから、コチサの気持ちは痛いほどわかってくれていると思ったのに、、、


 非情にも郵便ポストに『更新のお知らせ』を投函してくれていました 





 コチサ
「なんか二年更新が過ぎる気がします 


 不動産屋のおじさん
「歳をとると、時間の流れが早く感じるものです (^_^;)」


 コチサ
「更新料が家賃一カ月分より大幅にい気がします 


 不動産屋のおじさん
「保険とか手数料とかもろもろ入ってそうなります (^^)」


 コチサ
「継続居住者割引が適用されていない気がします 


 不動産屋のおじさん
「もともと、そんなものはありません (ーー;)」


 コチサ
に言われても困っちゃうなぁ 


 不動産屋のおじさん
「ずいぶん前から、私の店の前を逃げ去るように走っていたので、この日が来るのはわかっていたはずですが (-"-)」


 コチサ
「そのパフォーマンスを理解していたのなら、更新を大目にみるとかの考えは思い浮かばなかったのでしょうか? 


 不動産屋のおじさん
「私も商売なもんで、、、
そろそろ毎回恒例のゴネ会話はこの辺にしてお支払い願えませんか?」


 コチサ
「ギリギリまで粘らせて下さい 


 不動産屋のおじさん
「それは構いませんが、今回もゴネても結果は同じですよ (/_;)」


 コチサ
「それで良いんですよ。
二年に一回の不動産屋さんとの恒例行事ですから、一応やらないことには更新した気分にならないんです 





 とは、言ったものの、、、


 トホホだぜ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する