成仏 

セミの画像


 コチサ
「おっと、ない 


 セミの助
「ありがとうございます。
あやうくコンクリートの地面に直撃するところでした 


 コチサ
「運動神経が抜群とは言えないコチサが受け止められたところをみると、相当ってるね 


 セミの助
「もって、あと数分というところでしょうか?」


 コチサ
「ずいぶん慌ててフラフラになって飛んでたけど、最期に誰かに何かを伝えたい事でもあったの 


 セミの助
「この地上で、やるべきことはすべて成し遂げました。
あとは生命体として最期の務めを果たそうと思っただけです (^^)」


 コチサ
「最期の務めって 


 セミの助
「せめて土の上で果てて、他の生命体に食べられて、残骸をバクテリアに分解され、土に還って養分となり、地球に貢献することです (#^.^#)」


 コチサ
「たかがセミのくせに、ずいぶんなことまで考えて生きているんだね 


 セミの助
「あなたこそ、いよいよ最期を全うする生命に、ずいぶんな言い草ですけど (ーー;)」


 コチサ
「そう、コチサは、ずいぶんな人間なんだよ 


 セミの助
「お願いがあるのですが、私を土の上まで運んでいただけないでしょうか?」


 コチサ
「それは良いけど、わざわざ土を盛って『セミの墓』という札を立てるのまでは、面倒くさいからしないよ 


 セミの助
「誰もそこまで頼んでいませんし、望んでもいません (/_;)」


 コチサ
「ふーん、そうなんだ。
じゃぁね 


 セミの助
じゃぁね (-"-)」





 社長
「今回は、なかなか聞き入ってしまう遅刻の言い訳だったよ 


 コチサ
「本当だよ、嘘じゃないよ。 ほら (^^)」


 社長
「ポ、ポケットにセミが入ったままじゃないか 


 コチサ
「だって、探したけど、土が無いんだもん (^_^;)」


 社長
「とにかく、セミとの約束は守りなさい。
今日は戻って来なくて良いから、さっさとセミを成仏させてあげなさい 


 コチサ
了解 (*^^)v





 社長も、まだまだいな 


 遅刻の言い訳じゃなくて、稽古をサボる言い訳だったことに気づかないんだからね 


 これで、コチサの768勝5敗くらいかな 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する