かき氷の夏 

かき氷の画像


 連日の猛暑 


 かき氷の暖簾さえ、暑さにうだっているようで、はためきさえしません 





 お母さん
「さぁ出来たで。
シロップは何がええ?」


 弟・浩二
「ボク、メロンと煉乳 


 妹・園子
「ワタシはブルーハワイと煉乳 


 お母さん
「サチコは?」


 幼少コチサ
イチゴでええ 


 お母さん
「お前は安上がりでええなぁ (^_^;)」





 自宅の冷蔵庫で凍らせた氷を、家庭用かき氷マシンでガラガラガラガラ、、、


 夏休みの益田家の、子どもたちのしみの時間です 


 コチサも、もちろん大好きでしたが、なんかをした気分が抜けません 





 幼少コチサ
「お母さん、コチサだけ煉乳抜きの見返りは、どこかで還元されへんのかな? 


 お母さん
「とことんケチくさい娘やな。
自分が煉乳が食べられないだけやろ。
だったらイチゴに煉乳かけたろか (ーー;)」


 幼少コチサ
「あかん。
そんなことしたら美味しく食べられへんようになる 


 夏休みのかき氷、美味しいけど、ちょっぴり損した気分のコチサなり 





 ところが大人になっての女子会 


 レミちゃん
「あー、美味しかった。
ひとり600円ずつで良いかな?」


 コチサ
「ううん、コチサは500円だよ。
煉乳抜きの氷イチゴだからね 


 今度は、ちょっぴりした気分♪ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する