世渡り 

冷し担担麺の画像


 「」は末広がりで縁起が良い数字と言います 


 今日は、その「八」が二つも重なるので、「縁起の良さ×2」のおめでたい日です 





 コチサ
「本日もよろしくお願いいたします 


 主催者さん
「こちらこそ、よろしくお願いいたします (^^)」





 お付き合いも長いので、細かい打ち合わせもそこそこに、阿吽の呼吸で本番です 





 コチサ
「ありがとうございました 


 主催者さん
「こちらこそ、ありがとうございました (^O^)」


 コチサ
「今日は八月八日と縁起が良い日で、気分も良いので、ギャラは「ハンハン」ということで1/2で結構です 


 主催者さん
「ありがとうございます。
今日は八月八日と縁起が良い日で、八が二つという事で、ギャラは二倍お支払します (#^.^#)」


 コチサ
「では、差し引き変わらずということで 


 主催者さん
「でも気分は、二倍二倍ということで (*^^)v」


 コチサ
「ごきげんよう 


 主催者さん
「ごきげんよう ヽ(^o^)丿」





 こうして、気心の知れた阿吽の呼吸があれば、同じギャラでも受け取る方も払う方も気分が良いものです 


 これを間違って反対にすると、同じギャラでも、すごく後味が悪くなります 


 これを称して、世間は「世渡り」というのであった 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する