安否確認 

大崎駅前の画像


 コチサ
「で、でたぁ~ 


 お母さん
「なんや、人を幽霊みたいに(/_;)」


 コチサ
「ここ何日、何度電話したと思っているんだよ 


 お母さん
「お父さんと、町内会の旅行に行ってたんだよ (^^)」


 コチサ
「旅行に行くなら行くって前もって連絡しておいてよ。
コチサは、この暑さで、お父さんかお母さんのどっちかが倒れたかと心配したんだよ 


 お母さん
「園子(妹)にでも電話して聞けば良かったやろ (*^^)v」


 コチサ
「前にも同じことがあって心配して電話したら大騒ぎになって、『嫁ぎ先のお家に心配かけるな』って、お父さんに怒られたでしょ。
だからガマンしたんだよ 





 子どもの頃、
お前はしっかりしてないから、病気になっても、園子と浩二には看病してもらうけど、お前には言わん。
大騒ぎして余計に具合が悪くなりそうやからな

と言われたのがずーとトラウマになっています。


 こう連日暑さが続くと、
体調はどうかな?
と気になりますし、連絡がつかないと
もしや? やっぱりコチサだけに隠しているのでは?
とドキドキしてしまいます。


 こんな仲間はずれはです 


 そして、そんな「仲間はずれ」を「面倒くさくなくてラッキー」と思っていた、あの頃あの時代に戻れるものならりたい 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する