それから 

オムライスの画像


 お母さん
「、、、。それからな、、、」


 会話がひと区切りついた後の、「それからな、、、」は、それが、その人が本当に話したかったことだったりします  


 または、特別話すつもりも無いことだけど、つい出てしまう、その人の本音だったりとか、、、 





 お母さん
「、、、。それからな、お父さんも歳をとったけん、たまには顔見せんとな(^O^)」


 お母さん
「、、、。それからな、園子(妹)の子どもも、一番下が中学に入学したわ。
まぁお前は子どももおらんし、贈り物なんかはせえへんでええけど、話のついでにでも『おめでとさん』くらい言うとくと喜ぶで(*^^)v」


 お母さん
「、、、、。それからな、体さえ元気なら、別に毎週電話してこんでええで(#^.^#)」





 暑さのせいで、人と話していても「心ここにあらず」になりがちです 


 そんなときでも、
「、、、。それからね、、、」
の声が聞こえたら、意識的にその言葉に集中してみると、その人の隠れたしさに気がつく幸せに出会える喜びがあります 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する