三年後 

メイクルームの画像


 政見放送の収録のお手伝いをさせていただいて、早○○年 


 現職の先生方より、いわゆる泡沫候補といわれるキャラクターの濃い方々との『顔見知り歴』が長くなって来ています 





 A候補
「おう、あんたか、元気でいたかい?」


 コチサ
「おかげさまで。
先生こそお元気そうで何よりです 


 A候補
「もう体中にガタの来たおじいちゃんだよ(^^)」


 コチサ
「まだまだ元気でいてください 





 B候補のマネージャーの女性
「こんにちは(^O^)」


 コチサ
「おちしておりました 


 B候補のマネージャーの女性
「ここもすっかり様変わりして、顔馴染みの方が数えるほどになりましたね^_^」


 B候補
「今回もまたキミがいるかどうか、さっきも話していたところだよ 


 B候補のマネージャーの女性
「いましたね。
私の勝ちですね(#^.^#)」


 B候補
「私は、もうに行っただろうと話していたんだけどね 


 コチサ
「・・・





 C候補
「元気だったぁ?」


 コチサ
「あー、C先生、こんにちは 


 C候補
「服、今回は赤にしてみたの?
どうかな?」


 コチサ
「すごくお合いです 


 C候補
「ありがとう。
あなたがいると緊張しないで収録に臨めるから楽よヽ(^o^)丿」


 コチサ
「今日も元気に、カメラの前でしてください 





 そして・・・


 収録が終わったあと、この先生方はコチサに、同じ言葉をかけて帰られます 





 A候補
「じゃぁまた三年後
元気でいるんだぞ(*^^)v」


 B候補のマネージャーの女性
「ではまた三年後に!」


 B候補
三年後にまた会おう 


 C候補
三年後にまたあなたに会えると思うと楽しみだわ 





 そしてコチサは、いつの頃からか、
先生、参議院議員の任期は6年ですよ
などと、野暮なことは言わないようになりました 


 そんな事は、この先生方が一番知っているし、それでも3年ごとにちゃんとこの場所にやって来ることに意味を持っている方々です 


 肩書きがあってもなくても、ここで出会える人たちは、コチサにとってはみんな先生です 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する