おはなしピエロ公演-「行田公演(2)」 

2013花の日訪問2-1
「今日は皆さんにコチサのお友だちを紹介しまーす♪」


昨日の続きです


 さて、会場を移しての公演は、
重度の精神疾患を持つ人たちが暮らす施設です 


 毎回ネタ作りを一番考えてしまう会場ですが、
今回はラッキーな神さまが降りてきれくれました 


 コチサは象さんになって、大きな鼻を揺らしながら
パォー、パォー
と会場を歩き回ります 


 ほとんどの皆さんが、無反応ですが、
それでもひたすら
パオ、パオォ』『パオ、パオォ』『パオ、パオォ
と言い続けます 


 繰り返せば、いつかは一緒に言ってくれると信じて・・・





 そして象さんはお腹が空きました 


 コチサ
「おが空いたよぉ~、
お腹が空いたら何を食べればいいのかぁ~」





 そのとき、偶然にも会場から、
パン!
という声。


 実は、このときコチサの用意していたのも『パン』。


 ポケットからパンを出すと、まるで手品のような結果に、
会場が少し沸きあがりました 


 例え偶然でも、うまくいくと調子に乗るのがコチサです 


 その後、不安だった、『見えない綱での綱引き』なども
思った以上に反応してくれて、これまでで一番、
声を聞いてくれた公演になった気がしました 


2013花の日訪問2-2
「(像のパオくん登場)パオー♪ パオー♪」

2013花の日訪問2-3
「パオパオー♪」

2013花の日訪問2-4
「会場内を回ってご挨拶ー♪」

2013花の日訪問2-5
「いっぱい歩いたらお腹が空いちゃった」

2013花の日訪問2-6
「わぁっ、ポケットからパンが出てきたぁ~♪」

2013花の日訪問2-7
「紐を引っ張ってみるよー」

2013花の日訪問2-8
「すると、目の前に居た女性の体がコチサの方に動きました♪」

2013花の日訪問2-9
「今度はみんなにコチサが引っ張られます♪」

2013花の日訪問2-10
「もっともっと引っ張るよー♪」

2013花の日訪問2-11
「その瞬間、大勢の人が一気にコチサの方へと倒れてきました(画像でわかるかな)」


 会場には絶対に入って来ない人や、
扉一枚隔てた別の部屋で、頭をガンガン
打ち付けて合図を送ってくる人など、
まだまだ仲良くなっていない人たちがたくさんいます 


 そんな人たちと、来年はもう半歩、
いやもう1ミリでもづけたらと思います 


 帰り際、
全身汗まみれですね。ありがとうございました。
おかげで今日はみんな良く眠れるでしょう

と言ってくれる施設の方たち。


 みなさんが、こんな汗の何百倍、
何千倍も日々流し続けていることは、
こんなコチサでもよくわかっています 


 こちらこそ、今日の一日を
ありがとうございました 


2013花の日訪問2-13
「また来年会いましょうね~♪」




コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する