面目躍如 

フリークライミングの画像


 お誘いを受けて『スポーツクライミング』の
ジムに行ってきました 





 コチサ
「コチサと申します。初心者です。
よろしくお願いします 


 インストラクターさん
「では、先ずは、レンタルのクライミングシューズを履いて、
レベル1の壁』に行きましょう(^^)」


 コチサ
小さいです。
足の先が丸まってしまいます 


 インストラクターさん
「登ってみればわかると思いますが、
踏ん張るためにワザとそうなっています。
ではルールの説明を・・・(以下省略)」


 コチサ
「では、コチサ、行きます 


 インストラクターさん
「あの、ルール説明は省略されちゃうのですか?
私としてはひとりでも多くのみなさんに、
スポーツクライミング』の楽しさを知っていただきたいので、
ちゃんと説明して欲しいのですが・・・(^_^;)」


 コチサ
「これはコチサのブログなので、コチサ的には、
コチサの大活躍を載せたいのです 


 インストラクターさん
「わかりました。
でもコチサさんの頭の中だけにはルールは入れておいて下さいね。
そうでないと落っこちますよ(-"-)」





 ところが・・・


 なんとコチサは、スイスイとアッという間に4メートルの壁の頂上に! 
もんなどんだい!


 それどころか、レベル2の壁も、レベル3の壁も、
そしてレベル4のまで・・・





 インストラクターさん
「本当に初めてですか?」


 コチサ
「実は、コチサは讃岐の山猿なのです。
山猿としての面目躍如ですね。
そういえば、子どもの頃は『チータ』と呼ばれていました 


 インストラクターさん
「水前寺清子さんですか?」


 コチサ
「違うよ。
ターザンの相棒のチンパンジーの名前が『チータ』なんだよ 


 インストラクターさん
「チンパンジーですか。
確かにコチサさんのクライミングはチンパンジーのようでした(#^.^#)」


 コチサ
「それって、めてるの? 





 で、調子に乗ったコチサはレベル5の壁にも挑戦 
ここからは壁が垂直ではなく、反り返っている
(90度を超える角度でこっち向きに立っている感じ
))


 あえなく落下しました 





 インストラクターさん
「どうしたチータ!
このレベルで落下したら、チンパンジーとして
ご先祖さまに申し訳がたちませんよ。
それ腕を振って、足を上げて、ワンツー、ワンツー、
休まないで登れ!、ワンツー、ワンツー
\(^o^)/


 コチサ
おいおい、コチサは、
チンパンジーでも水前寺清子さんでも無いんだよ! 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する