師の言葉(2) 

冷やし中華の画像


 営業くん
「コチサさん、ふんどし締めているんですって?(^_^;)」


 コチサ
「情報いね 


 営業くん
六尺ですか? 越中ですか?」


 コチサ
越中だよ 


 営業くん
「冗談に付き合わないでいいから、
早くお金持ちおじいさんの話をボクにも教えてくださいよ(^^)」


 コチサ
「『とにかく貯めないで人のために使え
って事に限るみたいだよ 


 営業くん
「それはすでにお金のある人の話ですよ。
現実問題として今のボクにそれは無理ですよ(/_;)」


 コチサ
「営業くん、今のキミは15年前のコチサと同じ事を言ってるよ。
そういえば、キミとコチサは15歳年齢が違うし・・・


 営業くん
「って事は、15年後のボクは今のコチサさん?
・・・それはります。
早速今日からお金は人のために通う事にします(*^^)v」





たぶんこれで15年後の営業くんは、
お金を使いこなせる『お金に好かれる』人間として
成長していることでしょう 


 15年前のコチサの失敗は、
お金持ちのおじいさんの話を聞いただけで、
今の営業くんのように、コチサのような『反面教師』が
目の前にいなかったことだとわかりました 


 『百聞は一見にしかず』です 


 反面教師は大切です 


 これからコチサの名刺の肩書き欄には、
ボイスパフォーマー』に加えて
反面教師』というのも入れようかな 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する