新競技 

打ち合わせコチサの画像


 ピーナツを鼻の穴に入れて鼻息で吹き飛ばし、
その吹き飛んだ距離を競う競技は、
この広い世界のどこかに存在するかもしれません 


 でも・・・





 の鼻にピーナツを入れて、
一定の高さ以上の上空に吹き飛ばし、
落ちてきたピーナツを手を使わず、
の鼻の穴で受け止める 



 そしてもう一度吹き飛ばし、
今度はの鼻の穴で受け止める 



 この繰り返しの回数を競う競技だったら、
発案者として、コチサの名前は、
永久に史実に刻まれることでしょう 






 コチサ
「で、本日皆さまにお越しいただいたのは、
この新競技についての
ルールブック作成の
試案を話し合いたい為です。
お手もとのレジュメをご覧下さい 





【レジュメ 


①競技の名前
 候補案:wandering nuts
    (和名:飛べ飛べピーナツくん)



②クリア基準高さ
 候補案:10フィート(約3メートル)


③オリンピックA標準値
 候補案:15回
    (基準に満たない国はB標準として10回)
    (回数は片側移動で一回と数える






 コチサ
「とりあえず本日は、この三点に絞って
活発な議論を賜りたいと思います。
ではご発言のある方、
挙手をお願いいたします 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する