無常 

紅葉の画像


 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
 淀みに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし。
 世の中にある人と、栖とまたかくのごとし・ ・・
 (方丈記より)



 さぁ、今日もガイドヘルパーに出発!


 と、思ったところに電話が・・・





 事業所担当さん
「本日お願いしております○○さんですが、
先ほどお亡くなりになられたので中止となります」


 コチサ
「はぁ」


 事業所担当さん
「つきましては、今月あと二回お願いしていた
○○さんのガイドも中止となります」


 コチサ
「はぃ」





 今日、○○のおばあちゃんとは、洋服を見に行く約束でした 


 目が見えないおばあちゃんにとって
「あなたのセンスだけが頼りよ」
と、電話で話したのは、ほんの数日前のこと。


 いつも、お煎餅やら飴玉やらのお菓子をくれるので、
コチサは今日は『おむすび海苔』を持って行く予定だったんだ。


 それで、今度おむすび握って、
一緒に食べましょうって話したのに・・・


 いつもと変わらない空、いつもと変わらない日常。


 乾いた空に、おばあちゃんの通う教室まで
同行したお琴の調べが聞こえる訳でもない。


 ひとり夕食に取り出した短冊型に切られた『おむすび海苔』は、
大きすぎて喪章にも見えない。


 何も変わらない日常。


 何も変わらない世界。


 でも、もうコチサが○○さんのおばあちゃんを
ガイドしてお琴教室に通うことも、
買い物に行くこともない、、、


 ○○のおばあちゃん、安らかに 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する