とりあえずブーツ 

ブーツコチサの画像


 ブーツくん
「また暫くおれですね(^^)/」


 コチサ
「今年の冬も世話になったからね。
キレイにいてしまってあげるよ 


 ブーツくん
「今年もコチサさんは、ワタシを含め四足のブーツたちを
よくきまわしてくれました!(^^)!」


 コチサ
「寒いときは本当に助かったよ 


 ブーツくん
「ファッション的にも役立ったんじゃないですか?
とりあえずブーツ』みたいな感じで、
履いていればそれなりに、なんとか格好がつきますからね(*^^)v」


 コチサ
「そんな『とりあえずビール』みたいな感覚では履いてないよ。
ところで、どこか痒いところか、磨き足りないところはございますか 


 ブーツくん
「首周りのところをもう少し強く掻いてくれますか?
随分れが溜まっている気がするので(^_^;)」


 コチサ
「こうですか?(ゴシゴシ)」


 ブーツくん
「あぁ、極楽、極楽。
ひと冬の疲れが癒される至福のひとときだね(#^.^#)」





 こうして、防寒に、ファッションにと、
この冬もコチサを助けてくれたブーツくんたちは、
今、そのお役目を終え、暫しの押入生活を過ごすべく、
安眠についたのでした 





 おばあちゃん
「革靴いうんは、毎日いとれば、
わざわざ仕舞うときに、そげな一生懸命に磨かんと済むんやで 


 コチサ
ごもっとも 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する