迷惑メール 

梅蘭ラーメンの画像


 ここ数回、複数のお友だちから、コチサのメールが
迷惑メール』として処理されてしまうという
難事件が起こっています 


 そしてそれはついに会長にも及びました 





 会長
「決して本意ではないです(^_^;)」


 コチサ
もちろんわかっています 


 会長
「ちゃんと処理をしましたので、今後はそんな事はありません(*^^)v」


 コチサ
「はい、よろしくお願いします 





 とは言ったものの、複数の人たちに、コチサのメールが
迷惑メール』扱いになるのはどうしてだろう 


 プロバイダーのサーバーの問題とか、メールアドレスとか、
技術的になんかのバグに絡んでいるのかも知れません。


 しかし今回は別の理由だと思うことにしました 


 きっと、コチサのメールには『雑念』がこもっていたのです 


 それを読んだ相手が、気持ちの負担になるような・・・


 そう、例えば
飯おごれ』とか
仕事くれ』のような直接的ではない言葉でも、
実際にそのように相手に感じさせてしまう
小手先のマジックがあったのかも知れません 


 神さまは、そんなコチサの小賢しいところを見抜いて、
相手先に失礼にならないように迷惑メールとして
処理していたのだと反省しました 





 会長
「コチサさん、本当に狡賢さにかけては天才ですね^_^;」


 コチサ
「なんで 


 会長
「そのパターンで来られたら、届いたメールの一言一句を見逃せませんし、
書かれていなくても『飯おごれ』のプレッシャーから逃れられなくなります(p_-)」


 コチサ
「ってことは、これを読んだ営業先の人たちは、
コチサのメールを見るたびに『仕事くれ』のプレッシャーになるってことだね 


 会長
「そうですね。
それは私よりもキツイかも・・・(/_;)」


 コチサ
「全てのアクシデントを味方に変えて生き抜いていかなくては、
このご時勢、仕事なんてこないからね 


 会長
「その心意気はすごいのに、
それでもなかなか仕事は来ないのはなぜですか?」


 コチサ
「それを言っちゃぁ、おしまいでっせ 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する