早め早めの健康管理 

ケランチムの画像


 の調子がすぐれないので、かかりつけのお医者さんに行きました 


 コチサにとっては喉は命、早め早めの対応が大事です 





 コチサ
「やぁ先生 


 先生
「おっ、早め早めのコチサさんですね。
どれ喉を見てみましょう(^^)」


 コチサ
あーん 


 先生
「扁桃腺が腫れかかる準備をしているといったところでしょうか?
いつも早めのケアは大切なことです。
うがいと、家庭用の喉のスチーマー(ネブライザー)で
予防をしてください。
お薬もいらないでしょう^_^」


 コチサ
「ありがとうございます。
先生はい先生ですね 


 先生
「いや、悪くなる前に来院してくれる
コチサさんが良い患者さんなんですよ(^O^)」


 コチサ
「時に先生・・・


 先生
「はい?
もしかしてまた面倒くさい問答につき合わされるのか・・・(/_;))」


 コチサ
「『普通の医者は、病気を治す
 良い医者は、人を治す
 偉大な医者は、国を治す

と言いますが・・・


 先生
「初めて聞きました。
偉大な医者は政治家ってことですかね?」


 コチサ
「たぶんうと思います。
なにぶん昔の漢詩からの訳なので、
今の時代にそぐわない部分もあるのかと・・・
先生だったらどう書き換えますか 


 先生
「そうですね。
医者は病気を治し、
患者は医者を治し、
人が人を治す

ですかね!(^^)!」


 コチサ
「先生、点数稼ぎましたね。
病院名周知しちゃいましょうか 


 先生
「いや、それは結構です。
れくさいので(#^.^#)」





 自分の体に気を配り、早め早めの対応をすることは、
良い先生を呼び寄せる良い行いなのだと思います 


 寒暖の差が激しく、体調の崩しやすい時期です 


 皆さまも早め早めの対応を 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する