幸せの黄色いお守り 

幸せの黄色いお守りの画像


 かれこれ10年以上連続して購入している
幸せの黄色いお守り』が、
今年も香川の金比羅宮から届きました 


 正月に帰省できなかった年は、通信販売で送ってもらうようにしているのです 





 幸せの黄色いお守り(以下、黄色)
「今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)」


 コチサ
「うん 


 黄色
「あれ?
なんかノリ悪くないすか?」


 コチサ
「キミ、名前はなんだっけ 


 黄色
「へっ?
幸せの黄色いお守り』ですけど・・・」


 コチサ
「名前にりあり!だね 


 黄色
「(ドキッ)」


 コチサ
「ほら、今、ドキッとしたでしょ。
思い当たることがあるんだね 


 黄色
「いや、私としても、10年以上連続で購入していただいているコチサさんには、
ここら辺で何とか幸せになって欲しいと願っているところなのですが・・・(^_^;)」


 コチサ
「お守りが願ってどうするの?
お守りはえるものでしょ 


 黄色
「そうなんですが・・・
叶えるにしてもコチサさんの場合は難題が多くて・・・(-"-)」


 コチサ
「えー、コチサって幸せになるのにそんなにハードルが高い運命なの? 


 黄色
「いえ、そういうことじゃなくて・・・」


 コチサ
「コチサって薄幸な乙女なのね 


 黄色
「だからそんな悦に入られても困るんですが、
もともとコチサさんは不幸せではないでしょ。
やりたい放題、食いたい放題・・・
困っていることといったら・・・」


 コチサ
貧乏!」


 黄色
「そうです。
でもそれもコチサさんのがけ次第。
全てはコチサさんの貪欲さとドケチさが
招いた裏返しと考えてくれれば、
未来は開けるでしょう\(^o^)/」


 コチサ
「お守りが、おみくじみたいなことを言っていると、
次回からはおみくじで済ますよ。
それなら百円で済むんだから 


 黄色
「そんなぁ~(p_-)」





 まぁ、こうして毎年恒例の憎まれ口を叩いても、
結局はこの『幸せの黄色いお守り』は、今年も一年、
コチサの財布の中に納まり、コチサを守ってくれることでしょう 





 コチサ
よろしくね 


 黄色
がってんだい! 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する