柳と蛙と小野道風 

ケーキの画像



 コチサ
ぁやぁ 


 和尚
んにちは 


 コチサ
「これいかに 


 和尚
「はい?」


 コチサ
「いやいや、なんとなく 





 ということで、精神修行も兼ねて、今月も和尚とのカフェ問答をしてきました 





 コチサ
「痩せ蛙、負けるな、コチサ、ここにあり 


 和尚
「一茶がお気に入りですか?」


 コチサ
「いやぁ、毎日、頑張らなくてはと思いまして、自らを叱咤激励しているわけです 」


 和尚
「なかなか大変そうですが、頑張れるうちは頑張ってみるのも良いかもしれません(^^)」


 コチサ
「そういえば、最近、の木って見かけなくなったような気がします」


 和尚
「そう言われれば、そんな気もしますね(^O^)」


 コチサ
「柳のように生きる人が少なくなったからでしょうか?」


 和尚
「どうなんでしょうかね(^_^;)」


 コチサ
「コチサは、柳のような人間になりたいと思います」


 和尚
「素晴らしいことですね(^^)」


 コチサ
何事にも腹を立てずに、欲を出さずに、柳に風と受け流す・・・
そんな人間になりたいと思います 


 和尚
「きっとなれると思いますよ(*^^)v」


 コチサ
「はい、ありがとうございます 





 う~ん 


 和尚と話していると、イマイチり上がらないんだよなぁ~


 真面目過ぎるからかなぁ~ 


 コチサ的には、ここまでの話でも、突っ込みどころ満載のフリをしているのに、
それこそ『柳に風』と受け流されちゃうんだよなぁ~


 まぁ和尚さんだから仕方ないけど、
かつては一休さんのようなトンチのあるお坊さんもいたのになぁ~





 和尚
「私と、高僧・一休宗純とを比べられてもそれはいたしかたの無いことですが・・・、
わかりました。 お相手をいたしましょう。 突っ込めば良いんですね 


 コチサ
「そうしてください。
それでこそ会話も面白くなろうというものです 


 和尚
「では最初から、お願いいたしますm(__)m」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 コチサ
ぁやぁ 


 和尚
うもどうも 


 コチサ
「これいかに 


 和尚
「いきなり、なぞ賭けですか?」


 コチサ
「いやいや、なんとなく 





 ということで、精神修行も兼ねて、今月も和尚とのカフェ問答をしてきました [





 コチサ
「痩せ蛙、負けるな、コチサ、ここにあり 


 和尚
「いきなりパクって一句ですか?
どうしました? 


 コチサ
「いやぁ、毎日、頑張らなくてはと思いまして・・・


 和尚
「なかなか大変そうですが、頑張れるうちは頑張ってみるのも良いかも知れません(^^)」


 コチサ
「そういえば、最近、の木って見かけなくなったような気がします」


 和尚
「蛙繋がりでしょうけど、そっちの蛙は一茶の句の蛙とは関係ありませんよ。
花札の絵札の方の蛙ですね(#^.^#)」


 コチサ
「(おっ見事な突っ込み)はい、小野道風です!」


 和尚
「確かに、柳に飛びつくも見ませんね(^O^)」


 コチサ
「柳のように生きる人が少なくなったからでしょうか?」


 和尚
で風を切って生きる人のことですか?」


 コチサ
「(ボケも上手じゃん)コチサは、柳のような人間になりたいと思います」


 和尚
極道の妻のような感じですか? 


 コチサ
「(ボケ返しも完璧だね)違います!
何事にも腹を立てずに、欲を出さずに、柳に風と受け流す人のことです。
コチサは、そんな人間になりたいと思います 


 和尚
「きっとなれると思いますよ(*^^)v」


 コチサ
「はい、ありがとうございます 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 コチサ
うまいじゃん。
やれば出来るじゃん 


 和尚
「はい、頑張ってみました 


 コチサ
「ではまた来月! 


 和尚
「目指せ! 一休宗純! 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する