外堀くん 

砂時計の画像


 外堀くん
「どうしました? コチサさん、わざわざボクをび出すなんて 


 コチサ
「やぁ久しぶり。 まぁ好きなの注文してよ 


 外堀くん
「もちろんそうしますよ。 どうせお会計はボクなんでしょ? 





 最近、土壇場でモノゴトがひっくりることが続きます 


 そこには、コチサの意思はないので、最初は、
運が悪い」とか「巻き込みやがってぇ」とか思っていましたが、
もしかしたら、そんな中にもコチサの『不徳の致すところ』が
あるのかもしれないと考えました 





 外堀くん
「それは良いことに気がつきましたね。
そして、数多くのコチサさんのお友だちの中から、ボクを呼んだことも大正解だと思います(^^)」


 コチサ
「コチサ的には、最初『風水(かざみず)くん』とか『厄払(やくはら)くん』
を呼ぼうと思ったんだけど、みんな電話しても話し中だったんだよ 


 外堀くん
「それはラッキーでした 


 コチサ
「コチサのあずかり知らぬ所で、勝手に話が出来上がって、勝手に話が進んで、
勝手に話しに振り回されて、勝手に話が終わってるんだけど・・・
これでもコチサに不備がある 


 外堀くん
「私の習慣では、先ず『勝手に話が出来上がって』連絡が来た時に、
①それを発案した人たち
②それを積極的に推し進める人たち
③それに受動的に関わる人たち
の三種類の人たちに分けて、それぞれの存在を確認します!」


 コチサ
「ってことは・・・
この前の件だと、が○○さんで、が△△さんで、が××さんたちかぁ~」


 外堀くん
「そして『勝手に話が進んでいる』時に、その進捗状況をコチサさんに伝えてくるのは、
①や②の人たちでしょうが、コチサさんはそのとき、その言葉を鵜呑みにしないで、
③の人たちの立場になって進捗状況を聞く事が大事です!(^^)!」


 コチサ
「要は、この話しに関わっていないけど、結果として話が進んだときに、
その状況を受け入れる立場になる人たちだね 


 外堀くん
「そうです。
そういう人たちの姿が『勝手に話が進んでいる』状況でも見えてこないときは、要注意です。
抑えていた気持ちを、土壇場で反対の立場で、
一気に攻めてくる可能性があるということです(*^^)v」


 コチサ
「ふーん、すごいね、さすが外堀くん 


 外堀くん
「だから『勝手に話が進んでいる』最中にも③の人たちの姿が見えてこないときは、
コチサさん自身が
ところで③の人たちはどんな人ですか? 私も会ってみたりしたいんですけど…
と言って、①と②の人たちの勢いをいったん止める必要があったんです 


 コチサ
「そこで、出しちゃっていいの?
だって、全てはコチサのあずかり知らぬところでの話しだよ 


 外堀くん
「『勝手に話が出来上がって』連絡が来た時点で、もうあずかり知らぬ話じゃないんですよ 


 コチサ
「部外者で始まった話だから、積極的に顔を突っ込むのは効果だと思った 


 外堀くん
「そこが大きな間違いです。
最終的に話がまとまったら、面識を取ることになるんですから、
話が出来上がった報告が来た時点で拒否をしなかったら、
積極的に顔を突っ込むしかないのです^_^」


 コチサ
「なるほど 


 外堀くん
「そうすれば、『勝手に話しに振り回される』ことも、
勝手に話が終わってる』こともなくなります\(^o^)/」


 コチサ
「へぇ~、感服だよ、外堀くん 


 外堀くん
「『外堀を埋める』というのは、そういうことなのです 


 コチサ
「今回は、すごく役に立ったよ。本当にありがとう。じゃぁごちそうさま 


 外堀くん
「本当に役に立ったと感謝してるなら、たまにはご馳走してくれてもいいのに…


コメント:

軽くまとめながら、深い話ですね。
イヤな事があったんでしょうけど、こうやってまとめると自分も良い気分だし、万が一に関係者が読んでいても悪い気はしませんよね。
勉強になりました。
  • [2012/09/25 19:18]
  • URL |
  • コチサファン一号
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: タイトルなし

> 軽くまとめながら、深い話ですね。
> イヤな事があったんでしょうけど、こうやってまとめると自分も良い気分だし、万が一に関係者が読んでいても悪い気はしませんよね。
> 勉強になりました。

いつもありがとうございます。
本当に、人生は学ぶことばかり。。。
一歩づつ前進♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する