痒み評論家 

道路標識の画像


 コチサ
「生きていれば、いろんなところがくなるものです


 社長
「ん? なに? いきなり(^_^;)」


 コチサ
「はい、ここにあるのは、人間白地図です。
今日は特別に二枚用意しました 


 社長
「本当だ。
正確には人体模型タイプの白地図だね(^^)」


 コチサ
「一枚の白地図には、これまで生きてきた中で、
くなった事のある部分を塗りつぶして下さい 


 社長
「なんだか訳わかんないけど、面白そうだからやろうっと(*^^)v」


 コチサ
「そして、もう一枚の白地図には、
これまでみを感じたことのある部分を塗りつぶしてみて下さい 


 社長
「色は何色でも良いんですかぁ~?」


 コチサ
「良いです。
よーく精神統一して、過去の自分を振り返りながら思い出して、塗りつぶして下さい 


 社長
「はーい(わくわく)」


 コチサ
「はい、もう解ると思いますが、まだまだ白い部分の残っている『み白地図』に比べて、
み白地図』は、ほとんどの部分が塗りつぶされていることに気づかれると思います 


 社長
「わぁ、ホントだ。 不思議だぁ\(^o^)/」


 コチサ
「かように、痒みというものは、人生の中で全身を襲ってくるものなのです 


 社長
「へぇ~そうなんだぁ、すごいね 


 コチサ
「・・・」


 社長



 コチサ
「・・・」


 社長
 


 コチサ
「そこなんだよ。
ここからの理論の新展開が思いつかないんだよ 


 社長
「いや、そういう事じゃなくて、この展開の主旨はなに?
なにをしたいの?」


 コチサ
講演会でさ、ありきたりのテーマじゃつまらないと思ってさ 


 社長
「えっ? 講演会の依頼が来たの?」


 コチサ
「ううん、気配も無いけど。
でも、もしもの場合『痒み評論家』なんてのはどうかなと考えたんだけど、
後が続かなくてさ 


 社長
「じゃぁさ、この白地図を食べてもらう、っていうのはどう?」


 コチサ



 社長
「これで、あなたは痒みから解放されました。
では次に、痛みの白地図も食べましょう、って感じで 


 コチサ
「なんか、しくない?」


 社長
「我々は、もともと怪しいじゃん 


 コチサ
「そだね、じゃぁ、これで告知うってみて、依頼が来るのを待とうか 


 社長
「そうしよう(くわく)」


 コチサ
「(くわく)」





 皆さん、どうぞ、コチサ及びこの会社の今後の活動に期待をしないで下さい  



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する