そうめんブローカー、コチサ 

小豆島素麺「島の光」の画像


 田舎から「そうめん」が送られて来ました 


 そして、先日会った弟からも手土産として「そうめん」をもらいました 


 ここ暫く、そうめん生活が出来そうなのですが、
コチサ邸は、マンションの電磁調理器が旧タイプの電熱線タイプという事もあり、
もちろんガスレンジも無いので、もう何年も加熱調理が出来ない状況です 





 ところで、このそうめんですが、香川の人間は、そうめんといえば「島の光」が定番です 


 日本人は「日本三大なんとか」というのが大好きですが、
その「日本三大そうめん」にも、奈良県の「三輪そうめん」、兵庫県「揖保乃糸」と並んで、
香川県「小豆島そうめん」(島の光)が入っています 


 そういえば香川県は、「日本三大うどん」のカテゴリーでも、
秋田県の「稲庭うどん」、群馬県の「水沢うどん」と共に、「讃岐うどん」が入っています 





 コチサ
「麺類最強の川だね! 





 コチサは、わりと地元意識が強い人間なので、こういうのは結構嬉しかったりするのです 


 でも実は、麺類が好きじゃないコチサです 


 子どもの頃は、うどんを嫌がって、夏でもひとり「ボンカレー」を食べていました 


 で、ここ数年はじめたのが「そうめんブローカー、コチサ」という、
闇に手を染めた商売です 





 コチサ
「今年も旬のそうめんが手に入ったんだけど、レトルトレーと交換する 


 麺好きな社長
「今年のレートは?」


 コチサ
「そうめん100gに、レトルトパック一袋 


 社長
「それ法外でしょ(^_^;)」


 コチサ
「じゃぁいい。 他に欲しがる人間はいくらでもいるんだから 


 社長
「せめて麺200gに、レトルト1パックで頼むよ(/_;)」


 コチサ
「取引成立。その代わりレトルトカレーの類は増やしてね 


 社長
「毎年のことだけどさ。
自分で通販で直接そうめん買った方が安くなるのに、なんでつい取引しちゃうんだろ?」


 コチサ
「それが「島の光」の力なんだよ 


 社長
「通販でも「島の光」買えるでしょ^_^」


 コチサ
「島の光はね。
香川県の人間が、直接手渡しで渡すことによって味が100倍美味しく変わるんだよ。
だからコチサのようなブローカーが暗躍できるんだよ 


 社長
「ふーん、そうなんだ。
じゃぁ今度は、さんに頼もうかな。東京に転勤してきて仲良くなれたし。
彼は実直そうな人柄だから、法外な取引は持ちかけないだろうから^m^」





 コチサ
「もしもし浩二 
もし社長から電話がかかって来ても「島の光」を物々換なんかしたらダメだよ 


 浩二
「えっ? 社長さん「島の光」食べたがってるの?
東京では「揖保乃糸」が人気と聞いていたからそれは嬉しいな。
早速ひとパック贈らせてもらうわ。姉ちゃんがお世話になっていることだし・・・


 コチサ
「やぶへびんがな 





 もしコチサが香川県に生まれていなかったら、
「日本三大お人よし県人」というのに香川県が入っていたかもね 


 そしてコチサの新規売は、あっけなく終わりを見たのであった 


コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する